ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

FIAT500Xとハヤブサ、時々家族を愛でるおっさんのごった煮ブログ。

500MAGAZINE 10

FIAT 500Xが1Pでも載っていれば、それは十分買う理由になる。

f:id:kumawo0017:20160401234141j:plain

というわけでエイプリールフールも終わったので500MAGAZINEをゆったり読む。

え?ジョジョ4部アニメ放送が始まるまでの時間つぶしだろって?

そうとも言うけど。

いきなり出てきたABARTH124SPIDERに心奪われたのは言うまでもなく。

f:id:kumawo0017:20160401234222j:plain

ロードスター自体は別に好きでもなんでもなく。NDのデザインで4WDかFWDだったらすげー欲しいんだけど、後輪駆動がそもそも好きじゃないから買いではないんだけど、FIATやABARTH化されると途端に欲しくなる。

f:id:kumawo0017:20160401231904j:plain

足回りなんかにNDのパーツが使えればチューニングもコストは抑えられるからいいね。輸入車の何が痛いっていちいちパーツが高いこと。

そりゃ国産みたいに数がでるわけじゃないし、足回りなんかは下手すりゃほぼワンオフに近い。そうなれば足回りなんて余裕の数十万円コースなので結構痛い。

どこまで使えるか分からないけどNDみたいな人気車種であれば選べるパーツは豊富だし、流用チューンは狙えちゃう。

 

ランサーターボに乗っていたとき、ランタボ自体は売れてなくてアフターパーツはほぼなかったんだけどあれはエボやミラージュと共通パーツが多かったので流用が使えた。そうなるとマイナー車種でも結構頑張れちゃうw

 

国産人気車種と共通部品が多いことはそれだけで幸せなことだね!

 

人気のあるクルマをあえて選ばないのは自分の流儀。そんな天邪鬼な人間に124SPIDERは最高に(・∀・)イイ!! 

後輪駆動はZ33でお腹いっぱいなので老後に乗りたい。

いや、もう30過ぎたので十分老後か…orz

 

今乗りたいといえばこっちのほうですかね。

f:id:kumawo0017:20160401234801j:plain

595C。屋根が開くのが好きなんだ、バイク乗りだからさ。

転ばない乗り物で開放感は欲しい、でも後輪駆動は嫌だ。

そんなあなたのわがままを叶えてくれる、わがままボディの595C

ABARTH 595C TURISMO(ツーリズモ)|コンパクトスポーツ

屋根が空いて4人乗りってのがセカンドカーなのに家族でも使えるってのがいいね。

124には無理でも、595Cなら家族でお出かけ可能。

500XCでもいいよ?

ガラスルーフとか、上空方向の開放感って必要じゃない??

 

さてさて。

 

肝心の500X。

 

一応6Pに渡る試乗記事。

f:id:kumawo0017:20160401232953j:plain

撮影場所、豊洲かな(どうでもいい。

 

これを読む限り。

f:id:kumawo0017:20160401233425j:plain

走らせ方によっては9速が使えるようになるんだろうか?MTにはMTの楽しみ方があるけどさ、ATにはATの楽しみ方がある。ドライバーが頭を使い、プログラムを理解し、走行パターンを作るというのは学習機能付きATで味わえる醍醐味でもある?

身体は高齢者だけど、そういう頭を使って…な高度なシステムを理解していこうというのは仕事柄好きなんだなぁ。

アグスタもそうなんだけども、500Xも如何せん乗っている人の絶対数が少なく、こういった情報が少ないのが困り者。

試乗記はあくまで短距離、短ページなので正直わからないことが多すぎて…まぁだからこそ自分で買って乗ればいいって考えになるわけだががが。

 

兄弟のレネゲードはなんだかんだで5台くらいは見ているけれど、500Xに至ってはディーラー車を除き1台も遭遇したことがない。自分の生活圏では、500Xよりもレネゲード需要の方があるのかのぅ?でも都内ならFIATのほうが売れそうな気がするんだけどw

 

内容的にはそこまで充実といえるものでは無い気もするけど、自分としては乗るクルマの記事が載っているとわかれば抑えるのが筋だと思っているので買いました。

 

しれっとABARTHのページを開いてテーブルの上に投げておけば…

 

もしかすると嫁さんから「ABARTH買ってもいいよ」って言われるかもしれないし?

 

そういうツールにもなりますね!

 

気になる人は是非(この内容で気になる奴がどこにいるんだという話。

500magazine(チンクエチェント・マガジン)Vol.10

500magazine(チンクエチェント・マガジン)Vol.10