ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

Go to #1

f:id:kumawo0017:20200706110704j:plain

ADV150に乗り始めてからめっきり出番が減ってるよね、プジョー。そんな声が聞こえそうなんだけど実際、ADVが4月納車ですでに8000kmを超えているのでプジョーがそのぶん走らなくなったというのは間違いないね。ほとんど雨の日とお買い物くらいにしか使わない、買い物にしてもADVの積載能力を考えれば巨大なものでも買わない限りはあれで事足りる、スクーターまじ無敵(ぉ

f:id:kumawo0017:20200720153005j:plain

タイヤ交換して数日でパンク警告がついて確かにエアが減っていた左前輪、外してパンクを確認するも特にその様子はない。それに一度空気圧を揃えたら減ることがなくなった。なんだったのか。

f:id:kumawo0017:20200720153015j:plain

それにしてもこのタイヤはなかなかいい、ドライは「静かだな」と思うくらいであまりグリップの高さは感じないけどウェットにおけるグリップが物凄い。普通逆の感想はあるんだろうけどw

 

タイヤの確認をしたのは理由があって、7月の4連休・・・ちょうどGo toヘルキャンペーンだかなんかが始まるタイミングで九州に行くことになったから。

 

元々公共交通機関が嫌いで自動車でしか移動しないからキャンペーンの恩恵はなかったけれど、自粛期間と違い高速道路は通常の割引が効くので助かる。

 

深夜1時くらいに家を出て珍しくフル高速。

f:id:kumawo0017:20200729172344j:plain

朝には関西を通過。

 

事故渋滞にハマったりしつつ、途中岡山で高速を降りてカブトガニ博物館へ寄る。

f:id:kumawo0017:20200729173110j:plain

いつぞや、ここに来たことがある。

f:id:kumawo0017:20200729172744j:plain

子供のころ、めちゃくちゃカブトガニが好きで、いつか免許を取って岡山にカブトガニを見に行くという夢があった。ずいぶんと小さな夢だなって思うんだけど、なんであのときあんなにカブトガニが好きだったのかはわからないw

 

そのまま広島へ。

f:id:kumawo0017:20200729172723j:plain

東京から九州に向かうとき、どこが一番つらいかと言われたらぼくは間違いなく神戸から西、下関までのだらだらと続く山道だ。中国道も山陽道もどちらもつらい。関東圏の人間にわかりやすく説明するなら「東名高速の静岡区間がさらにひどくなって終わらない感じ」「珍来のラーメン」そんな感じ。

 

とにかく長い山岳区間、代わり映えしない景色とトンネルの連続。

 

東京からだとちょうど600kmくらいで疲労も蓄積しはじめるころで、この区間がやってくるととにかく眠気がやばくなる。

f:id:kumawo0017:20200729172149j:plain

6年ぶりに呉に来た。

f:id:kumawo0017:20200729172159j:plain

ぎりぎりの時間でてつのクジラも見学できた、懐かしい。

f:id:kumawo0017:20200729172315j:plain

大和ミュージアムにも足を運んだ。

f:id:kumawo0017:20200729172740j:plain

相変わらずでかい。でもみたかったのはこれじゃない。

f:id:kumawo0017:20200729173210j:plain

「誉」

f:id:kumawo0017:20200729173030j:plain

特別展で展示されていて、ぜひとも見たいと思っていた「誉」を見れた(´;ω;`)

f:id:kumawo0017:20200729173125j:plain

戦後ずっと地中に埋まっていた発動機、エンジニアとしては絶対に見なければいけないと思ってた。戦争がいいとか悪いとかではなく、生きるためには勝つしかないし、そのためにモノづくりをしたのが当時の技術者たちだ。

f:id:kumawo0017:20200729173219j:plain

良くも悪くも今の時代の発動機とは違い、生への執念のようなものを感じる。

f:id:kumawo0017:20200729173920j:plain

こうしたものもあるが、そこまでしなければいけないほどに追い詰められる状況があの当時にはあったというのは忘れちゃいけない。

f:id:kumawo0017:20200729173003j:plain

平和な時代にあるからこそ、こうしたものを技術遺産的に眺めることができるが、当然に当時はそんな余裕はなかっただろうし昔の人の努力でいまの自分たちが生かされている。そういう気持ちになれる。

f:id:kumawo0017:20200729172954j:plain

大人の社会化見学だ。

 

なんだかんだゆったりしすぎた、広島の時点で18時を過ぎている。

f:id:kumawo0017:20200729172422j:plain

あ、マツダの工場。

f:id:kumawo0017:20200804121412p:plain

珍しく宿をとったけど、広島から300kmもあるのか・・・。広島を過ぎて天候が一気に悪くなり、山岳地帯を大雨の中走ることになった。下関まで残り僅かの下りのカーブが続く区間、前回交換していないリアタイヤはズルズルと滑り出す。

f:id:kumawo0017:20200729172444j:plain

そして関門海峡までやってきた。プジョーに乗り換えてから3回目なので取り立てて感動もないけれど、ここまでくるとずいぶんと走ったなという気持ちになる。とはいえまだ福岡までずいぶんと距離はある。バケツをひっくり返したような雨、先週まで豪雨だったが、この4連休も快晴とはいいがたい天気だった。

f:id:kumawo0017:20200729173334j:plain

とりあえず福岡まで来たので体を休める。リニューアルしたウェルビーは湯舟をなくすという思いっきりの良さを見せていた。正直、風呂がないというのはとても違和感があって、サウナだけというのも悪くはないけど一瞬どのような順番で入ろうかと頭を悩ませる。別に浴槽があっても、サウナがメインなので気にならないが、当たり前のようにあるべきものがないというのはやっぱり混乱する。

f:id:kumawo0017:20200729172754j:plain

大宰府に到着だ。めちゃくちゃ安い宿だったけど、洋室ながら靴を脱いであがれるタイプだったし、綺麗でよかった。温泉もサウナ付きでよかった。

f:id:kumawo0017:20200729172718j:plain

ルートインの高級版という位置づけらしい。この価格とクオリティならリピートしたいと思えるホテルだった。難点は博多まで少々距離があることと、大宰府の駅からも山道を登ることだが、自動車で来るなら大した問題ではない。

f:id:kumawo0017:20200729172259j:plain

そしてアドブルーが限界を迎えた。

 

続け。

クラッチ、逝く

f:id:kumawo0017:20200729171315j:plain

豪雨の中、毛無峠までツーリング。その道中、アイドリングストップがおかしいことに気がついた。

f:id:kumawo0017:20200729171305j:plain

ホンダの二輪についているアイドリングストップはすごく優秀で、自動車だったら絶対に使わない機能だけどADVでは常にONにしているくらいに停止も発進にも違和感がないものなんだけど、この日は朝から様子がおかしい。アイドリングストップというよりは「プスン」という感じでエンストに近い止まり方をしていた。再始動は問題がないし、時々普通に戻るのでなんだろう?と思いながらもぐんまを目指した。いや、走るなよってツッコミはなしだ。

f:id:kumawo0017:20200729171350j:plain

別に日本にいる限り、ホンダの二輪なんて最悪どこでも修理ができる。プジョーとは違うのだ、プジョーとは。そういう精神じゃないとツーリングなんていけないぞ☆

f:id:kumawo0017:20200729171301j:plain

そして、あるとき気づくのだ・・・このバイク、クラッチが切れてない(ぉ

f:id:kumawo0017:20200729171427j:plain

信号待ちのとき、アイドリングの回転数で前に進む。ブレーキを握り続けるとアイドリングストップがONになって止まるし、そもそもアイドリングに近い回転数でエンジンが掛かった状態でブレーキを握らないことがなかったので気づくのが遅かった。

f:id:kumawo0017:20200729171440j:plain

どうやらクラッチが破損したらしい。5000km弱しか使っていないのでクラッチシューが摩耗しきったとは思えない。ともすればスプリングか?スクーターの場合、クラッチが切れなくなる原因の多くはクラッチスプリングの破損で、遠心力で開ききったクラッチをニュートラルに戻すことができなくなる。

f:id:kumawo0017:20200729171312j:plain

ただ不思議なことにときどきクラッチはちゃんと切れるのだ。

f:id:kumawo0017:20200729171246j:plain

そして一度クラッチが切れると、そのまま何事もなく、いままで通りに走る。クラッチスプリングが破損していたらそんなことにはならないはずで、常にクラッチはつながったままのはずだ。

f:id:kumawo0017:20200729171346j:plain

違和感はものすごい、それでも400km近いツーリングは完遂できるからホンダの二輪はすごい。さすがはサラダ油でも動くバイクを作るブランドだ(違)。

f:id:kumawo0017:20200729171254j:plain

クラッチが切れたり、切れなかったりするのはなぜか?その状況に再現性はあるのか?ツーリングの道中でそれを確認するとどうもプーリーが高回転側に切り替わるくらいの回転数・・・タコメーターでいえば7000回転を超える速度になるとクラッチが切れなくなるようだ。

f:id:kumawo0017:20200729171226j:plain

スクーターにタコメーターなんていらないと思っていたが、こういうトラブルのときにタコメーターはありがたい。これがなかったら音と速度で回転数を判断するしかない。

f:id:kumawo0017:20200729171415j:plain

クラッチが繋がったままだとまともに押すことすらできない。もし前から駐車して、バックさせなきゃいけない状況だったら完全に詰む。ツーリング中にそういう状況がなかったことが奇跡だ、気づかずにやっていたら帰ってこれなかった。一度クラッチが繋がると、しばらくゆっくり走らないとクラッチが切れなくなる。しばらくゆっくり走れば元に戻るということでもある。帰り道、Webikeでアドプロの強化クラッチ新品を買った。

アウターがアドプロなので同じブランドをもう一度買う。

f:id:kumawo0017:20200729171356j:plain

翌日には新品が届く、物流に感謝。交換はもう慣れたものだが、雨が続く中、作業時間の確保が難しい。通勤が1日あったが、壊れたクラッチのままのんびり走って往復をこなせた。クラッチが切れなくなる条件さえわかっていれば特に怖いものはない。翌日、わずかな晴れ間を狙ってクランクケースを開けた。

f:id:kumawo0017:20200729171421j:plain

クラッチシューはまだまだいけそうだった。結論を書けばスプリングも折れていない。

f:id:kumawo0017:20200729171359j:plain

当たり前といえば当たり前か、スプリングが折れたらクラッチが復活することはないのだから。ただおかしなところはある。

f:id:kumawo0017:20200729171408j:plain

Eリングが2つ吹き飛んでおり、シューを抑える蓋がガタガタだ。これが原因だったのか?高回転で遠心力でも働いて蓋が外れかける(構造的に完全に外れることは無いと思うけど)とシューを抑えられないからスプリングがうまく機能しておらずクラッチが切れなくなるとか?

f:id:kumawo0017:20200729171201j:plain

シューが若干浮かんでいる。

推測だけど、おかしなところはこのEリングが吹き飛んでいたところにしかなかった。ともすればこれは完全に自分の整備ミスだ。以前、クラッチスプリングをPCX純正に交換し、さらにアドプロ純正に戻したときにEリングを再利用した。これは再利用前提のものではないし、おそらくそれで緩んだのだろう。大事にならずによかった。

f:id:kumawo0017:20200729171325j:plain

毎回プーリーやクラッチを外すとトルクがわからなくなるのでマジックで書いたwどうせ自分しか見ないしダサくて結構。トルクを間違えるほうが怖い。

f:id:kumawo0017:20200729171342j:plain

ちゃんとプーリーはトルクレンチで閉めよう。さもなくばクランクシャフトが大変なことになるかもしれない。交換後は当然ながらいいかんじ、しばらくは慣らし運転をしつつ今度は大切にクラッチを使うことにしよう(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

 

ハレのヒ

f:id:kumawo0017:20200720153012j:plain

ちょっと前の話。某映画のような雨続きの関東でバイクに乗りたい気持ちを抑えきれない夏。暑いけどライダーには関係ない、乗りたいものは乗りたいんだ。そんな7月19日は珍しく朝から晴れた。晴れたならバイクに乗らなければいけない(使命感)

f:id:kumawo0017:20200720153158j:plain

時間が限られていたのでさくっと中央道で山梨へ向かった。

f:id:kumawo0017:20200720153107j:plain

向かった先は「ゆるキャン」の聖地。

f:id:kumawo0017:20200720153208j:plain

本栖高校!!

f:id:kumawo0017:20200720153150j:plain

f:id:kumawo0017:20200720153128j:plain

f:id:kumawo0017:20200720153120j:plain

町のいたるところにゆるキャンが・・・。

f:id:kumawo0017:20200720153045j:plain

甲斐常葉駅にも寄ってみた。

f:id:kumawo0017:20200720153223j:plain

おお、ゆるキャンしてる(何

この辺りは初めて走る道だった。

そもそも山梨から本栖湖に抜ける用事が今までなかったし・・・。

f:id:kumawo0017:20200720153147j:plain

だから「ゆるキャン」の聖地を言われても場所がまるでわからなかった。

Googlemapにも登録されている「志摩家」、、知らなかった。。

f:id:kumawo0017:20200720153009j:plain

廃校となった学校、志摩家とは目と鼻の先だった。

f:id:kumawo0017:20200720153041j:plain

お寺の駐車場に車を止められるので歩いて本栖高校と志摩家を見て回るとかなりいい運動になると思う。ぼくは無理なのでおとなしくADVで移動する。

f:id:kumawo0017:20200720153206j:plain

「志摩家」はもともとはなんだったんだろう??

f:id:kumawo0017:20200720153154j:plain

民家??志摩家から本栖湖まではひたすらにのぼりが続く。ここを自転車で登ったしまりんとんでもねーわと思いつつ、ADVのエンジンは全開で唸ってたwウェイトローラー軽いしのぼりがちょっと弱い。。。

f:id:kumawo0017:20200629105020j:plain

まぁ法定速度はしっかり出るから問題ないけどね。。肝心の本栖湖のあたりで写真を撮っていないので聖地訪問言うても微妙やんけ!!とか言わないで。。。

f:id:kumawo0017:20200720153227j:plain

せっかく来たので某所にも立ち寄った。ダートというか、アレだな、アレ。

f:id:kumawo0017:20200720153232j:plain

こんな道でもADVは余裕で進める。

f:id:kumawo0017:20200720153220j:plain

万沢林道なんて目じゃないぜ!ってくらいのフラットダート、北海道にしかこんな長いダートはないんじゃないかな…あとは河川敷かw

f:id:kumawo0017:20200720153055j:plain

調子に乗っていたらリアが勢いよく滑って危うく斜面とお友達になるところだった。油断も調子に乗るのもよくないね…気を付けよう。

f:id:kumawo0017:20200720153213j:plain

本格的なダートは走っていて面白い。スクーターをいう枠を飛び出して、日常のすぐそばにある非日常に突撃できるのはADVの魅力でもある。本格的なオフロードよりはオフロードは苦手だけど思いのほか突っ込めるからいいんだ。

f:id:kumawo0017:20200720152930j:plain

変なところに突っ込んでも軽いから押して戻ってこれる。X-ADVと同じジャンルとはいえあちらは大型だし200kgを超える巨体なので突っ込んだ先が未知であるとかなり勇気がいる。ぼくは少なくとも無理だと思って引き返すときに200kgの車体をオフロードで押したくはない。

f:id:kumawo0017:20200720152945j:plain

ADV150が250ccだったら…確かにそれは思うところでもある。高速道路を走るとメーター誤差がおよそ10%なので回転数の限界である9700まで回してもぼくのADVは117km/hくらいしか出ていないので実測値は110kにも届かない。燃費も悪いし高速道路を長時間走るのはなかなか精神的にきついからそこは排気量とより大きな駆動系を持つ250ccを欲する気持ちもわかる。

f:id:kumawo0017:20200720152934j:plain

ただ都会の冒険者でもあるADVにとって日常の使い勝手を考えるとこのサイズは魅力的なのだ。通勤で250ccは大きすぎる。会社の駐輪場でFORZAと並ぶことが多いけどホンダがADV250を出すならFORZAベースだろうし、車格は魅力的に映るがやはり大きいと思うのだ。だったらX-ADVを買ってしまえと思わなくもない。だからADVはいまのところは150ccでちょうどいい。THIS IS 最高にちょうどいいADVだ。

f:id:kumawo0017:20200720153022j:plain

とかなんとか考えながら某所を走り帰路につく。そんなことを書いておきながら250cc版のADVが出たら買っちゃうと思うけどね←

f:id:kumawo0017:20200720153100j:plain

数年ぶりの道志道、道の駅はバイク渋滞していて入るのを断念した。帰り道でスーパー7とバイクが事故っていたようで、ほんとここはいつ来ても事故が多い。奥多摩とならび、いつ来てもバイクが事故している場所だ。普通に走れば事故を起こすような要素もないんだけど、飛ばしたくなるんだろうね。そういえばこのツーリングでADVを全然みかけない。X-ADVはそれでも3台は見たけど150は皆無だった。残念だぜ…ちょっとそんな風に思いながら帰りの高速道路でトイレ休憩すると。。。

f:id:kumawo0017:20200720153018j:plain

駐輪場の空きスペースがADVの横だったwwwしかも同色www国内仕様wwwwしかも後ろのスペースに泊まっているのはX-ADVだwwwwなんだこのパーキングはwww

お隣さんは自分の仕様とは真逆を行く旅仕様だった。ロングスクリーンに箱、自分はまずやらないだろうけど旅バイクとしては魅力的で北海道に行きたくなるねこれは。

f:id:kumawo0017:20200720153110j:plain

そんなわけで夕方には帰宅。プジョーに乗り換えて夕飯はコナズ珈琲で。

f:id:kumawo0017:20200720153143j:plain

どっかで聞いたことあるような、ないような…

f:id:kumawo0017:20200720153048j:plain

コロナの影響で客足は落ちているのかもしれないけど、行った時間帯では満席だった。

f:id:kumawo0017:20200720152941j:plain

一日走った身体にガーリックが染みるぜ!!それからまたずっと晴天はなかったので、ほんといいときにツーリングできたなぁと思う。本当は7月はいい時期なんだけどね、ツーリングには。。。ちょっと残念は2020年。

 

 

 

OBDで遊ぼう、ADVとプジョーの情報を読み取る。

f:id:kumawo0017:20200629104734j:plain

先日の群馬を回る道中、最後に給油したタイミングでタコメータが静止した。

というよりかは何かをトリガーにしてよく動かなくなるんだこれ。本体が悪いわけではなく、回転数が取れないだけで常時表示もされるし、設定画面にも入れる。おそらくパルスを取得しているケーブルがどこかで接触不良を起こしているのではないかと思うんだけど確認するにはメットインを外さなきゃいけないから面倒で放置している(ぉ

 

タコメータがなくてもスクーターは正直困らない。

 

f:id:kumawo0017:20200629224637j:plain

このまえ交換したアドプロの強化クラッチ、その付属の強化スプリングが何回転でクラッチインするのかわからないとかそれくらいの弊害だけで走行に支障もないから放置していた。セッティングに使うために導入したタコメータが肝心のセッティングのときに微塵も役に立たないのが笑えるよねw

 

そんなことが切っ掛けかどうかはさておいて、後付けのタコメータが機能しないなら今度はOBDから取得してみようとこいつを使うことにした。

f:id:kumawo0017:20200714134829j:plain

そもそもELMはプジョーの情報を取得するために買った。

※スマホがiOSの場合はWi-Fiモデルのみ対応

ただプジョーにそのままつけると常時電源で通電してしまい微弱ながら常に電気が流れてしまうのでバッテリーに負荷がかかる。この程度であがることはないだろうけど気分的にはよくないからACC電源化する必要があったんだけど検電テスターがなくて放置してた、その放置していたやつをADV150でも使えるようにする。

最近はバイクもOBD2で情報を取得する時代、その端子を利用して情報を抜き取ってやるのがこのツール。本体が1,700円で買えるのにKITACOのケーブルが2,700円するという意味不明さ。需要と供給ってやつだなこれは。アダプタには2種類ほどあったと思うけど実車を見ればわかるようにADVは4ピンなのでそのコネクタを購入した。

 

f:id:kumawo0017:20200713134639j:plain

ちなみにプジョーでテストしたときは正常に情報を読み取ってくれた。

 

f:id:kumawo0017:20200713134909j:plain

アプリはiOS用の「Car Scanner」を使用した。レーダー探知機でもおまけ機能でOBDから水温などは取れるが常時100度近くになっておりオーバーヒートしとるやん?状態なのであてにならなかったが、こちらは正しいんじゃないかと思う。

f:id:kumawo0017:20200713134613j:plain

先にも書いた通りiOSデバイスとELM327はWi-Fiでしかつながらないから、スマホでOBDの情報を表示するとインターネットには接続できなくなってしまう、地味に不便。テストでは古いiPad mini3を利用したけど邪魔なのでもう少し小型のiPhoneとかでもいいかもしれない。幸い、自宅にiPhone5sが転がっているのでそれを利用してみようと思う。

 

ADV150への接続は簡単だ。バッテリーボックスの蓋を外して左側にある端子に接続するだけ。プジョーと違いADV150はELMもACC電源でONになるのでバッテリーの心配もいらない、非常に楽。

f:id:kumawo0017:20200714134837j:plain

アプリはプジョーのときに使っているから設定を変えてホンダ車で使えるようにする。

f:id:kumawo0017:20200714134826j:plain

レッドゾーンの設定などはまだ終わっていないけど疎通確認は特に問題なし。

f:id:kumawo0017:20200714134821j:plain

照度の関係もあり正直に言えばKOSOのメーターよりこっちのが見やすい。どうせセッティングのときにしか見ないのであればいろいろな情報が表示できるし専用のタコメーターよりもこっちのほうがいいかもしれない。もちろんWi-Fiで通信しているからわずかな遅れはあるかもしれないが、そんなにレスポンスよく正確な表示が必要な車種でもないのでこれでいったん不満はないかな。

f:id:kumawo0017:20200716103502j:plain

ってELMを付けた直後にKOSOのタコメータが復活wwww

f:id:kumawo0017:20200716103345j:plain

ツンデレちゃんかよ…まぁいいや。

KOSOのタコメータとCarScannerに表示される回転数を比較するとそこまで差異が見られないのでどちらが正常なのか?という疑問はあるものの(OBDからとっている数日の方が正しい気はするが、遅れを考慮すると果たして…というのはある)OBDから取得した情報は割と使える情報なんじゃないかと思う。なかなか遊べるのでプジョー側もACC電源を取得できるようにしなくちゃね・・・。

f:id:kumawo0017:20200716103338j:plain

駐輪場でX-ADVと一緒になった。兄貴って感じでほんますこ。今まで興味がなかったけどADVにはまるとX-ADVがかなり魅力的に見える。メットインが使える大型バイクって素敵やん?どうせそこまでのオフロードもいかないしこういうバイクでいいよねぇ・・・これが高齢化するってことかとしみぢみ思うけふこのごろ。

 

君と、ぼくと、オーシャンビューサウナと

すっきりしない天気が続く・・・週に2から3日は会社に行くのでバイクなんだけどすっきりしない天気はバイクにはきつい。

f:id:kumawo0017:20200713134656j:plain

レイン装備は充実させたけどとはいえ雨ならなるべく乗りたくないものね。丸一日雨ってこともなくてたまに晴れ間があったり、曇りだったり、天気の子の世界ではきっとライダーは生きづらいと思う(ぉ

f:id:kumawo0017:20200713134547j:plain

お茶運びすぎじゃね!?

4月以降、来客をNGにした弊社では来客用の呈茶が廃止され大量のお茶が余る羽目になった。賞味期限が切れるので持ち帰れとひと箱もらったはいいけど、そもそもお茶は飲まないし、段ボールを持ち帰るのもしんどいわけで・・・。ADVのメットインには普通に入った。これ事故で荷物をぶちまけたら「なんだこいつになるやつ」。土曜日もすっきりしない雨の中、熱海までODEKAKEした。

f:id:kumawo0017:20200713134651j:plain

ブレーキだけで3008が買えるGT-Rが走っていった。東名高速で空気圧の警告が鳴り響く。

f:id:kumawo0017:20200713134618j:plain

海老名で空気圧を測定する(ゲージは常に持ち歩いているw)と左前輪だけ3.0で残り3本が3.3という歪な空気圧になっていた。2日前に全部を3.0にそろえてもらっているので高速走行でエアが膨張して3.3はわかるけど左前輪だけ明らかに低い。右前輪を3.0にそろえて熱海までを走るけど、その間は一度も警告が出なかった。

f:id:kumawo0017:20200713134705j:plain

ちょこちょこと休憩のたびにエアを図るも変化がない。パンクし、刺さった何かがちょうどいい深さで止まって抜けづらくなったのか?いずれにしても目視で探るにもタイヤを外す必要がある。なるべく左前輪に負荷をかけないように走りたいので速度も落とし、法定速度でまったり走る。雨の中でも小田原厚木は覆面パトカーの餌食になるやつがたくさんいた。いまだになんでこんな取り締まりのメッカで典型的なクラウンの覆面につかまるやつがいるのかは理解できない。

f:id:kumawo0017:20200713134659j:plain

道路はすいており、目的地の熱海のfuuaまでは快調だった。いつも小田原あたりで大渋滞するのだが、小田原から熱海まで30分もかからなかった。

atamibayresort.com

誰かのSNSの投稿をみて気になっていた施設だった。海を眺めながらサウナに入れるし、露天風呂がまた最高らしい。

f:id:kumawo0017:20200713134550j:plain

先週の「ひよこ展2020」で購入したサコッシュをペアで。かわいいね、ふちひよは。

f:id:kumawo0017:20200713134634j:plain

入口で検温、靴を預けて受付を済ませ館内着をもらい、男女別になっている風呂へと向かう。オーシャンビューの露天風呂はなかなか快適で、雨は降っていたものの結構長い時間入っていた。サウナは説明にもあったとおり温度は低め(40度台)なのでむしろ外気温が37度近く行ったこの土日からしてみれば常温じゃねーか!って感じもした。

f:id:kumawo0017:20200713134623j:plain

ほら、日曜日なんて日中37度だったwなんなら外の方がサウナ室よりも湿度があり熱く感じられるような・・・長い時間ゆっくりとオーシャンビューを堪能できるというサウナのコンセプトはわかるもののがっつり温まりたい派には物足りなさは残った。2セット、15分くらい入って水風呂。水風呂も浅く、なかなか浸かるのがしんどい。はじめてのサウナとか友達同士でわいわいサウナならいいかもしれない、コロナなのでサウナ室での会話は厳禁としたいけどね。ただ、サウナそのものというよりオーシャンビューを味わう「バえる」サウナと風呂という意味では間違いない。

f:id:kumawo0017:20200713134557j:plain

休憩スペースは快適だった、30分くらい寝落ちした気がする。大学生とかのカップルがダブルデートとかしているような場所なのでおっさんが行くには場違い感半端ない。最後にひとっぷろ浴びようかというときに探索していたら変なものを見つけた。

f:id:kumawo0017:20200713134630j:plain

ロウリュキャンプとな?

atamibayresort.com

f:id:kumawo0017:20200713154120p:plain

公式には中止と書いてあったので気にもしてなかったけど施設自体は無料で開放されており、ロウリュはなかったけど館内着を着たまま男女一緒に入れるサウナとしてそこに君臨しており、これがなかなか熱い。オーシャンビューサウナが40度台なのに対して、こちらは85度くらいある。スマホをロッカーに預ける前に入ってしまったので熱で壊れないか不安になる勢いだったが、大丈夫だった。

f:id:kumawo0017:20200713134805j:plain

水風呂ではなく風でクールダウンする形式だ。がっつり汗を書いた。好みでいえばオーシャンビューよりこっちのロウリュキャンプのほうが温まりよかった。最後に汗を風呂で流してなんだかんだ3時間くらい滞在しただろうか。

f:id:kumawo0017:20200713134542j:plain

外は相変わらずの大雨だった。都内よりも熱海とか神奈川、静岡寄りの方が雨がひどかった。夕食は小田原で海鮮を食べた。

f:id:kumawo0017:20200713134534j:plain

コロナ影響でお目当ての店が早じまいでなんとか開いている店を見つけた次第。でもおいしい海鮮丼にありつけたので満足だった。

f:id:kumawo0017:20200713134642j:plain

にゃんこがいた。

二週連続で海鮮を食べたことを食後に思い出したけどそんな休日も又吉イエス。

そういえば強盗キャンペーンが始まる。どういう神経をしたらこの状況下で旅行を推奨できるのかはよくわからない。観光業からしてみても、東京から人を呼ぶのはどうかと思うしそれでクラスタでも発生させた日には…と考えると。それに九州や中国地方など西の方は災害で観光どころじゃない。生きている地域に一気に観光客がなだれ込んだら目も当てられないと思うけど、、、東北地方が批判的な意見を述べている気持ちもわかる、西がダメなら東に行け…どうか悲劇的な事態にならないことを願うばかり。

アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

  • 発売日: 2020/06/02
  • メディア: Kindle版