ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

プジョー3008にレカロRMS2700Gを取り付けてもらった

f:id:kumawo0017:20210728110142j:plain

今となってはこのシートも懐かしいとさえ感じられる。

お前のクルマが目指している方向性がわからない、そんなことを言われるようになれば一人前だと思います。この日は7月20日(火)ちょうど県内の小学校が夏休みとなる終業式の日。そんな日にプジョー3008に先日購入したRMS2700Gを取り付けます。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

シート自体はASMさんに在庫があるので即納でしたが、シートレールが注文となるため都合一週間ほどかかり、とはいえ翌21日からは夏休みを利用した九州方面へのドライブを予定していたので、無理やり20日午後の仕事をボイコットして横浜まで行ってきました。首都高が割り増しになっているため平日の移動は単純にコスト増となり、言ってしまえばシートの代金が2000円も高くなった(首都高往復)ようなものです。普段から首都高をクルマで移動することも仕事であるためこれは非常に打撃なのですが業者は優遇しても個人のクルマを仕事で使うような人のことは考えてはくれません、みんながみんな在宅でまったく移動せずに仕事ができると思うなよ…そんな恨みつらみも2000円のコスト増からで、それがなければ別にオリンピックも含めてどうでもよい話なのです。 

f:id:kumawo0017:20210728110250j:plain

ASMさんに到着。純正シート最後の姿を撮影したのがブログのTOPにあるその写真。

 

純正シートへの思い入れはさすがに2.5年で80,000km以上も走っているから相当なもの。それに純正シートの出来栄えは相当によくさすがはフランス車と言えるもの。ヘルニア持ちが乗っても、腰に魔女の一撃が来ることはいかなる時もなかったわけですから立派なものです。長距離を愛するドライバーはフランス車に乗るべきだ、そう強く訴えたいのはひとつにこのシートの良さがあるからです。

 

純正シートを捨ててレカロに交換すること自体は特に悪い決断ではないでしょう。純正シートは万人受けを狙ったものですから体重や体形によってはまるで合わないという人がいるのは当然のこと。調整幅に関しては以前に乗っていたイタリア車のフィアット500Xよりも全然あったので割と大勢の人が理想的なポジションは取りやすいように感じましたがそれでも合わない人がいる、そのときにレカロのような腰痛にも真摯に向き合ったシートに交換するという選択肢が出てくるのは当然のことで、レカロもスポーツ向けではなくそうした需要も取り込めるように様々なラインナップを持っています。

 

問題なのは今回プジョー3008に取り付けるRMS2700Gと呼ばれるこのシートが完全にサーキット需要を狙ったもので、街乗りでの快適性に関してはほとんど考慮されておらず、街乗りできるというのも「公道走行が可能である」という本格派。RMSにはカーボンとFRPの二種類がありますが、カーボンもFRPもその基本は大きく変わらず軽さと強度が違うくらいでFRPモデルだってかなりガチなつくりをしています。

www.club.recaro-automotive.jp

当然対象となるクルマはスポーツカー以上でしょうし、実際多くのお店を見てもスポーツ走行をしないクルマにRMSを付ける人はかなり稀で、ましてやSUVにこれを装着しようとする人なんていないでしょう。

 

いないというのは「やらない」だけです、意味がないから。

 

そんな意味のないことをやってしまったのが今回の話になるわけですが、SUVにRMS2700Gを取り付けるとどうなってしまうのか?そして会社帰りに東京から九州までサウナに入りに行くようなドライブをするオーナーがそれを使うとどうなってしまうのか?

 

無謀にもシート交換の数時間後には5日間4,000kmを超える車中泊ドライブにでかけたわけですが、その距離を走ったからこそわかるRMSというものを書いてみようと思います。 続きを読む

3008のRECAROシートを買いに行く

f:id:kumawo0017:20210711202207p:plain

7月11日、セブンイレブンの日です。

 

最近平日、休日問わず長雨が続き気圧の変化で頭痛が絶えずてんやわんやなわけです。

 

個人的に夏が嫌いです。

 

寒い季節であれば服を着込んだりすればよい話だし、クルマにしてもヒーターだけで生活は十分に可能ですが夏場は燃費も悪化するエアコンはONにしなければいけないし、さすがに全裸で運転するわけにもいきません。

 

長期休暇を取りやすい時期ではありますが、あつすぎてバイクに乗りたいという気持ちを徐々に落ちてくるものです・・・歳かもしれません。

f:id:kumawo0017:20210711180220j:plain

暑いといえば大黒ではじめて野生のロケット3を見ました・・・見ましたというよりトイレから戻ってきたら隣にいて「おお!」となりました。

 

ロケット3はいま、一番欲しいバイクで、まさに赤がほしいわけです。なるほど、3008と並べるとこんなふうになるのかと思いましたが、日中で30℃を超える気温の中、股下に総排気量2,500ccものエンジンを搭載するロケット3はとんでもなく暑いのだろうなと思います。

 

さて、そんな日に首都高を使ってどこを目指していたのかをお話すると今日はオイル交換と、そしてこのブログのタイトルにもなっている「シート」の交換のために横浜に向かっていたというわけです。

 

3008、もといフランス車のシートは同クラスの日本車をはじめとする自動車と比べてもトップクラスとも言われる座り心地もよく長距離に耐えうるシートを装着していますが、今回はそんなシートを、メーカーが良かれと思い考え抜き、選びぬいた至高の一品を交換するという愚行を行おうというものです。

 

興味がある方は最後までお付き合いください。

続きを読む

COVID-19ワクチン1回目(2021/07/06)

f:id:kumawo0017:20210706133619j:plain

新型コロナウィルスのワクチン接種に関しては未だ多くの混乱が続いています。

www.asahi.com

ワクチン供給量が不足する中ではありますが、7月に入り職域接種が実現しました。

 

職域接種を巡っても某企業が「炊き出しの精神」とかほざきながら従業員数以上のワクチンを確保し余ったワクチンを一般にも接種するというよくわからないことをしていました。

 

6月には別な企業でも対応が遅い自治体に変わり支援の意味で企業が一般にもワクチンを接種するようなことがあり、それはそれで自治体の対応が遅いので企業がサポートするという前向きな捉え方はありましたが、炎上した企業の場合はプレスリリースのまずさや時期的なものもあり好意的には捉えられませんでした。

 

 

職域接種実現に向けて動いていたひとりとしては国からも「絶対に余らせるな」とうるさく言われ、アンケートを取ったり、従業員の年齢や居住区の接種券配布状況などを考慮し、かつ少なめに申し込むことをしました。

 

とにかく「絶対に余らせない」というのが大前提で、かの企業のように余るから一般に提供しますなんてことは絶対にNGでした。まぁ区と提携してってこともすればいいんでしょうけど、別に一般に向けたアピールをしたい企業でもないのでとにかく我々は「余らせない」を大前提として行動し、連日連夜その数については大きく議論したものです。

 

そんなこんなで接種となるわけですが、そもそも自分は注射が嫌いなのです。

 

小学生の頃は予防接種の日になると学校を休もうとしたり、なんというか身体に針を刺すのが嫌なので身近なところではインフルのワクチンも打ったことはありません。

 

そもそも真横にインフルとノロがいても自分は感染せず周りが先に感染してパニックになるなんてことは過去の職場でも散々あり、あまりそれらの予防を考える必要がなく、コロナもなんだったら平気なんじゃないかとさえ思っているくらいです。

tsudashonika.com

自分はこの迷走神経反射というものが出るので採血だけでなく普通の注射でもほぼ倒れます。妹も似たような感じなので兄妹そろってダメダメなんですが大丈夫なのかな(´;ω;`)ブワッ

 

本音では打ちたくない(5Gにつながるからとかではなく、針が嫌だから)けど職域接種に向けて動いていることや、不特定多数と接する機会や出張の機会も多いことから完全に防げるというわけではないにせよ「ワクチンは打ちました」といえるだけでも違うのかな?と思って接種に向かいました。

 

 

そんなわけで注射嫌いが第一回目の接種に向かう実録レポ!

 

かゆ・・・うま

続きを読む

椅子を買う、ひよこを拾う

椅子を買う

はいさい、こんにちは。

f:id:kumawo0017:20210630200337j:plain

突然ですが椅子を買いました。

 

在宅勤務もこれだけ長期に渡り、今後も月の半分以上は在宅が継続される見通しとなっているのでいつかは変えようと思っていた自宅で使う椅子を新調したのです。

 

そもそも今の椅子は前の会社が移転するときに社長室にあったものを社長がいらないからやる(社長が自腹で買ったものだったので)といっていただいたものでそれをそのまま使っていました。

 

オフィスチェアとしてみれば悪くはなかった椅子ですが、やはり一日10時間以上も座って仕事する椅子としてみるとちょっと微妙なところがあり、背もたれがしっかり倒れて椅子でそのまま眠れるやつがいいな…だったらゲーミングチェアだろってことで仕事終わりに島忠まで行って買ってきた次第です。

 

 

箱がでかすぎて後部座席が倒せない状態ではぎりぎり積めた感じです。オートクロージャーのセンサーが反応して完全にしまらないのでむりやり閉めました(何

f:id:kumawo0017:20210630200522j:plain

セミバケットシートですね、素晴らしい。

 

続きを読む

山を越えて谷を越えて、日本酒を味わう

はいさい!鬼怒川旅行二日目、というか帰る日

piyoco-craft-works.hateblo.jp

先のブログでも絶賛したのだけどやっぱり部屋に24時間入れるお風呂があるというのは素晴らしいもので、寝起き30秒で風呂に飛び込めるのは本当に大きな魅力です。

f:id:kumawo0017:20210629171217j:plain

写真は使いまわしですが、部屋にこういったお風呂がなければ朝風呂を楽しもうと決意してからまずは準備して、部屋を出て、館内を移動して…といういくつかのプロセスを踏まなければいけないわけですが、部屋に常にお湯が張られているお風呂があるのであれば何も考えずぼーっとしたまま露天風呂に浸かり外の景色を楽しめます。

 

この日は天気予報では雨でしたが、朝起きた時点では晴れており、外の空気は大変おいしいものでした。

 

そんなわけで一泊二日の鬼怒川温泉旅行も今日でおしまいです。

 

珍しく移動ではなく、まったりすることに重きを置いたので距離も短く、お風呂にも飽きるほど入ったのでそこまで疲労もありません。

 

そんな今日はもうひとつの目的地である新潟県は越後湯沢の駅構内にある日本酒が楽しめるあの施設を目指します。

続きを読む