ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

ガーミン

f:id:kumawo0017:20211012164925j:image

朝いちばんで秋葉原のヨドバシへ、久々に日比谷線に乗って出口を間違えたのです。

 

アキバのヨドバシは24時間受け取りが可能なのが非常に便利。f:id:kumawo0017:20211012164914j:image

昭和通りに近い入口から入り、カウンターへ。
f:id:kumawo0017:20211012164916j:image

およ。

 

新しい時計を買いましたf:id:kumawo0017:20211012164927j:image

2021年になってすぐにHUAWEI GT 2 Proを買いました。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

最近GT3が出ましたね。

GT3はそれなりに評価が高いのですが、同時に値段がかなり高い。GT2Proのよさはまず第一にその価格だったのですがそのコストメリットがなくなってしまった気がします。OSを自社製にしたりそれなりにコストがあがったってことなのかもしれませんがね。

 

GT2のよいところは購入直後にも書いたようにバッテリーの持ちのよさで、スマートウォッチであるにも関わらず2週間近くも充電せずに使えてしまうことでした。1週間以内の旅行であれば充電器を持ち歩く必要もないし、その充電器も非接触の汎用充電器があれば充電できてしまうというのは非常に便利。

 

ガーミンを買うにあたりGT2 Proは既に売却済み。

 

中華製の時計とはいえ購入価格から1万円安くらいで売れたので考え方によっては1万円で9カ月くらい毎日…1日あたりに換算すれば40円未満です。コスパ最強?

 

さてガーミンですが、こいつもなかなか電池の持ちはよいようなのです。

f:id:kumawo0017:20211012164922j:image

既にお気づきかもしれませんが「DUAL POWER」と書いてあるようにこれは充電式+ソーラー発電が可能なモデル。

f:id:kumawo0017:20211012170609p:plain

Instinct Dual Power タフネスアウトドアGPSウォッチ | Garmin 日本

GPSを常時使わなければ最大稼働時間は54日まで行くそうです。1日3時間屋外で…という条件はありますがアクティブに活動する人であればまぁまぁそのくらいは外にいるでしょう。自分はそこまでアクティブではないにせよバイクに乗れば時計の充電くらいはできますし、そもそも長距離ツーリングでもない限りは晴天でしかバイクに乗らないので充電自体に障害はないはずなのです。f:id:kumawo0017:20211012164908j:image

買ったのは真っ赤なモデル、カラーバリエーションはたくさんありますが、今回はスーツに合わせるよりもカジュアルに使うことをメインとしているのでそこは奇抜な色としました。f:id:kumawo0017:20211012164911j:image

ガーミンと言えばGPS装置で有名でアウトドアというかサバイバル的な要素が強いブランドなイメージがありますがこのモデルにもそんなところが垣間見え、まずこのスマートウォッチはタッチパネル非採用となります。

 

タッチパネルこそがスマートウォッチだという思い込みに近いものもありますが、タッチパネルが仇となる局面があり、それが極限環境です。この時計を付ける人はアウトドアといってもキャンプとかではなく水中や雪山など過酷な状況に置かれた人であることが多いと想定されます。兵士が着用しても問題ないタクティカルエディションなるものも発売されているくらいの時計なのでそこに重きを置いているのはわかりやすいのですが、そういう人たちはグローブをはめて行動していることが多いです。

 

バイクでも同じですがグローブをしたままでもスマホなどは操作できますが、時計の小さい画面を特に冬やレイン用のグローブで操作するのはかなり難儀というよりまともに操作できません。そのときボタン式であればどんなグローブを装着していても押しやすいということが言えるのです。

 

水中でもそうでタッチパネルは水の中で操作がうまくいきません、防水だとしても風呂場で操作しても画面がうまく切り替わらないとか想定しないページに行くなんてことはあります。それであればボタン式の方がいいということもあるのです。

 

ソーラー発電を搭載するため、タッチパネルを採用できなかったのかもしれないですが結果としては別にタッチパネル式である必要もないということです。f:id:kumawo0017:20211012164930j:image

フルカラーの液晶ではなくどこはかとなくかの名機Pebbleを彷彿とさせる液晶表示になつかしさを感じてしまいます。トップ画面に置く情報はある程度カスタマイズできるため自分は温度や気圧を出していますがSSTRのような日の出・日没を知るといったことも可能です。時計単体にセンサーは内臓されていないようなのでスマホとのリンクが必要になりますが致し方ない。

 

強度も確保しながらかなりコンパクトで軽いのです。G-SHOCKのように単体で温度や気圧のセンサーを搭載できるのは理想ですがそうなるととてもこのサイズでは実現不可能だったでしょう。

 

スマートウォッチなのだからスマホとつなげよって話なのですが、過酷な状況を想定するのであれば単体でも気温などは分かったほうがサバイバビリティが向上するのではないかと思います。f:id:kumawo0017:20211012164919j:image

充電は専用ケーブルが必要なタイプですがソーラー発電が良い具合に機能すればそこまで充電する機会もないのかもしれません。ここもGT2 Proのように汎用性が高い非接触式にしてくれたら最強なんだと思います。

 

気になるところがないわけでもありません。

 

まず見た目がチープ。

f:id:kumawo0017:20211012173548j:plain

写真でどう見えるかはわかりませんが実機は軽さもあり、また選んだカラーが赤なのも悪いのかもしれませんが実売価格5万円の時計には見えません。なんなら2万円以下のG-SHOCKよりも質感はないかもwもとより質感を求めた時計ではないのでそこを気にするなよという話かもしれません。見た目より実を取った結果とも言えます。

 

常時点灯ではありますが特にバックライトのスイッチとかはないみたいなので暗がりで液晶を見るときは何かのボタンを押す必要はあります。

f:id:kumawo0017:20211014001100j:plain

これでも見えなくはないですね。

f:id:kumawo0017:20211014001104j:plain

この写真では右下のSETボタンを押して点灯させています、ざっとこんな感じで光って見えます。

 

気になるのは上の写真の日付の表示。文字盤は自由にカスタマイズできるのでどこに日付を置くかで変わりますが、この位置に置くと14の4の部分が少し隠れてしまいます。わからなくはないですがちょっとださい。文字盤をアナログにした場合もアナログ表記の数字が欠けているのもどうかと思うw

 

まぁそんなこんななんですが割り切って使うにはちょうどいい時計かもしれません。心拍数など必要なデータも取得できるし、GPSも内蔵されているのでアクティビティで使いたい人にはかなり有用な時計かもしれませんが、さすがにデザイン的にはスーツに合わないので日常的に付けるのではなく休日用と割り切るのが最良でしょう。

 

何より多く存在するスマートウォッチにおいて待機画面のようなものがなく常に液晶に時計が表示されているのも時計としては素晴らしいのです。

 

スマートウォッチを普通の時計として使いたい、そんな人にも悪くはない1台なんじゃないかと思いますが、しばらく使ってみようかと思います。

 

 

なぜかミラーを交換した話

オリンピックの影響で祝日がぶっ飛んでいましたが、地味に休んでいました。

f:id:kumawo0017:20211012152353j:plain

SSTRの準備もあるし、到底有給休暇を消化しきれないので天気のよいうちにやるべきことをやっておこうとまずはゼッケン貼り。

f:id:kumawo0017:20211012152400j:plain

面白いものでゼッケンを貼ると一気にそれっぽく見えるわけですが、同時にこの状態で通勤できないよねwとは思います。さすがにSSTRの名前を出したまま通勤であれこれできないでしょう?(何

 

幸いなことに?ちょうど出勤の日は両日とも雨予報でバイクは使わないのでもういいだろうと、あとはSSTRまで温存させます。

 

その前にチェーン調整と買い物へ。

f:id:kumawo0017:20211012152356j:plain

昼時だったのでスシローでご飯してから。

f:id:kumawo0017:20211012152343p:plain

こうやって引きで見るとゼッケン貼ってるX-ADVってなんか雰囲気ありますね、見た目からしてなんか「それっぽい」車両に見えます。やはりこれを貼ることで緊張感というか安全運転しなければなぁという意識が強まる気がするのでなかなかよいものです。

f:id:kumawo0017:20211012152416j:plain

店内を物色していたらエンデュランスのラジカルミラーが安売りしてました。

色は赤と黒がありましたが、なんとなく黒を買いました…っておい、買ったんか

 

そもそもミラーなんて変えるつもりは微塵もなかったし、なんなら現在・過去・未来、別な世界線においたってミラーを変えたことなんかないわけです、絶対に。

 

そもそも交換する必要ある?

 

バイクのミラーってほぼ飾りでしょ、いや最近のはちゃんと振動もなくて後ろ見えるけどその昔のなんて保安基準適合のために付けているようなお飾りで視認性?なにそれおいしいのだったでしょってことで純正でいいわけでした。

 

でもノリで買ってしまったorz...

 

買ったあとに「本当につくのかこれ」って不安がこみ上げてきましたが、だめならだめであの天下のエンデュランスだ、PCXかADV150乗りに売れるだろうという気持ちで9000円を握りしめてレジへと向かった次第。

 

とりあえず純正のミラーを外す。

f:id:kumawo0017:20211012152410j:plain

ホンダは歴史的にもずっと正ネジのミラーなので外すときは14mmだかのスパナがあれば外せる、確か車載工具にあったのでそれでも外せる。

 

ミラーを外した状態が一番恰好いいってのは結構多くのバイクで見られる光景だし、なんなら四輪だってミラーがないほうが絶対に恰好いい。

 

赤も売っていたけど買ったのは黒、そして無事に装着できました。

f:id:kumawo0017:20211012152402j:plain

車体がグレーなのと別にそんなに目立たせる必要もないような気がしたので地味仕様。

f:id:kumawo0017:20211012152405j:plain

両側装着するとこのような形になり、純正の虫の触覚みたいな高さはずいぶんと低め安定になりました。ただこれはこれで若干の問題もあり前側に出せるようなオフセットアダプタのようなものがないとハンドルとミラーが異様に近くなるのです。

 

高さと位置をいい感じになるところに調整、ちゃんとハンドルを左右にきってスクリーンに干渉しないか確認するのが大切。スクリーンをMAXの位置まであげると干渉しないけど下げると当たることもあるので常にMAXにしている人は下げた位置も確認しておかなと万が一下げた状態で走ると思いっきりハンドルを切ったときにコケるかもしれない。

 

ガラス面積は小さくなったような気がしないでもないですが、実際走るとそれほど違和感もなく、見づらさもほとんどありません。ただもう少し前側、ハンドルガードのあたりまでオフセットできたら最高だなぁと思いますが、その手のものってあるのかな。

 

とりあえずあれこれいじるのも嫌なのでこれでSSTRはいく予定です。

 

車載Wi-FiをX-ADVで使いたい

piyoco-craft-works.hateblo.jp

数か月前に購入しプジョー3008に搭載しているカロの車載Wi-Fiですが、月の大半を会社から車中で過ごす自分からすると自宅のネットワーク環境よりもこちら方が重要で、それまで月に30~40GBくらい容量を使っていたのですが車載Wi-Fiを導入してからは10GBも使わないのが当たり前になり回線費用は追加で車載Wi-Fiに支払うこととなりましたが結果としては月数千円のコストダウンになった形です。

 

なので非常に素晴らしいものだと思っていますが、いよいよやってくるSSTRのような長距離をバイクで走るイベントやそもそも長距離ツーリングをするときも車載Wi-Fiがあったほうが絶対にいいよねと思うわけです。

 

クルマと違いYoutubeをたれ流したりするわけではないですが、最近はどこへ行くにもスマホナビだし、音楽だってストリーミングを使うことはあります。そうしたときにクルマでは車載Wi-Fiがあるけれど二輪ではスマホの容量を食うのではちょっと悲しいよねってこと。

 

車載Wi-Fi自体はADV150のときに装着し動くことは確認できているのですが、ADV150はそこまで長時間乗ることが既になかったため車載Wi-Fiの通電を確認するにとどまりました。

 

なので今回はX-ADVでちゃんと動作するのかを確認したいと思います。

続きを読む

SSTRの準備とヘルメットコーティング

いよいよSSTRが近づいてきています。

sstr.jp

そのための準備をこの土日で着々と進めていました。

 

まずはオイル交換。

f:id:kumawo0017:20211012091844j:plain

指定はG1オイルなんですが、マニュアルに記載のある粘度的にはG3の粘度になります。ホンダの場合は納車時はすべてG1が入っているという話ですし、X-ADVもG1で充分なのですがSSTRは連続で高速走行を続けなければいけないこともありG3を今回奢っています。セールで1本1600円という破格だったのも決め手。珍しくメーカー純正オイルを使っているねという話ですがDCTであることも考えてそこはちょっと慎重に行きます。慎重といってもオイルくらいで簡単にDCTが不具合出すとも思えませんけどね、基本構造はマニュアルトランスミッションだし。

f:id:kumawo0017:20211012091902j:plain

DCTモデルはフィルターが二種類あり、エンジン側とDCT用となりますが納車時にフィルターは交換されているので今回はオイルだけ。それでも3リッターほど消費するようです。

f:id:kumawo0017:20211012093208j:plain

距離は2222kmとゾロ目で交換でした。前回の交換が300km弱の納車整備のときなので1900kmほどの走行で交換となり若干早い気がしますが通常であれば1000km走行時点で交換しているはずなのでこの交換を初回の交換と思うようにしました。

f:id:kumawo0017:20211012091859j:plain

センタースタンドを立ててオイルが抜けるのはよいことです。弟分のADV150はこれができません。サイドスタンドで斜めにしながら抜くということです。

f:id:kumawo0017:20211012091805j:plain

X-ADVでオイル交換をするとまずビビるのがかなりの勢いでオイルが噴き出すこと。受け皿を横に広げておかないとはみ出ることがあるかもしれません。オイルキャップを外さずこれだけの勢いで出るものなんだなと思いました。地味に便利なのはセンタースタンドをかけるとオイルポイがそのまま車体の下に入る(物によりますが)ので受け皿からオイルポイに移し替える手間はなくて助かりました。オイルの汚れを見るとか、そういう人は受け皿の方がよいのかもしれませんが素人レベルでそんなのを見たところでどうなるって話でもないので。

f:id:kumawo0017:20211012091904j:plain

一度確認したらゲージの半分くらいだったので上限ぎりぎりに合わせました。個人的にはホンダのエンジンはタフだし、そこまで高回転型ではないのでシビアな調整は不要だと思っています。

f:id:kumawo0017:20211012091758j:plain

正直G1もG3も街乗りレベルでは違いもわからないし、ギアの変速音にも大きな違いは見られません。マニュアルトランスミッションであればチェンジペダルを操作したときのフィーリングなどでオイルの違いはわかりやすいですがDCTではそれがないため交換後の違いを体感できるレベルではないということです。

 

オイルのテストを兼ねて近場の2りんかんまでツーリングに。

 

店内で色々物色していると知らないおねーさんに声をかけられて「おいおいいよいよ2りんかんにも宗教の勧誘が現れるようになったのか(´;ω;`)ブワッ」と思っていたのですがどうも違うようでヘルメットコーティングしませんかというキャッチ(言い方よ)でした。

f:id:kumawo0017:20211012095118j:image

なんかイベントやってたぽい?イベント価格でキーパーコーティングが安くなるとのことで、そういえばRYUKIを購入してコーティングしていなかったなと。

今まで買ったヘルメットは近場のバイク屋で取り扱いがあったCR-1コーティングを施工してきていましたが今回はまったく無頓着でコーティングの予定すらありませんでした。というより時間的にバイク屋に持ち込んでいられなかった。なのでちょうどいい機会だし、すぐにやってもらえるということだったのでお願いしました。

f:id:kumawo0017:20211012091813j:plain

ってこのおねえさんが施工しますってイベントだったのねw

f:id:kumawo0017:20211012091847j:plain

かなりとぅるんとぅるんになりました(´;ω;`)v

f:id:kumawo0017:20211012091857j:plain

効果はどうあればやっぱりコーティングされると気持ちはいいもんですね。車体もたぶんですが何らかのコーティングがされているようでとぅるんとぅるんなのでヘルメットもいい感じになって大変気持ちがよいのです。汚れも落ちやすいのでメンテが適当過ぎる自分のようなやつこそコーティングはしっかりしたほうがいいと思います。

f:id:kumawo0017:20211012091819j:plain

奥沙織さん、Youtubeとかもやっているらしいので今更ながらチャンネル見てみた、そのくらいにこの手のバイク界隈には疎いのですがコーティングも上手で器用な方なんだなぁと思いました(何その感想)。

 

そういえばSSTRは青森スタートになるのですが…

f:id:kumawo0017:20211012093229j:plain

気温がやばい(真顔)。一桁で連続高速走行したら確実に体がもたない。。。そもそも真冬にバイクに乗るといってもここ数年は都内の通勤や移動がメインであるためそこまで厚手のコートは不要だったので適当なパーカーの下に防風インナーを装着でよかったのですが東北にそれで行くと凍死コース待ったなしなので密林で7000円のジャケットを買いました。

f:id:kumawo0017:20211012091826j:plain

これにインナーを組み合わせればスクリーンもあるX-ADVなら耐えられるんじゃないかと思っています。グローブは防寒グローブがあるし、グリップヒーターもあるのでなんとかなるんじゃないかとは思っていますけどね。最悪ホームセンターでハンドルカバー買うわ(´;ω;`)

 

X-ADVレバーガードはあるんですが防風効果はほぼありません。

f:id:kumawo0017:20211008151319j:plain

防風を期待するのであればアフリカツイン用に出ているようなカバーを装着する方がよいでしょうが自分は見た目第一主義なのでその手のものは付けないようにしています。ライダーが耐えることで済む話なら、バイクの見た目はなるべく恰好よさを重視する派なのです(なんだそりゃ)。

 

SSTRに話を戻すとゴール地点も雨のようですし装備はそれなりに考える必要がありそうです。また雨であるとペースもそこまで上げられないと思うので未達成の確率も高くはなりますがラリーとはそういうもの、自然と自分の戦いなのでそれはもう致し方ないというものです。可能な限り安全に配慮してゴールを目指したい、ただそれだけですね。

 

大陸パーツもりだくさんでX-ADVはよりよくわからないスクーターになれる

早速だけどカスタムしてる

納車2週間ですが当然のように結構いじくりました(何

 

買ったけど届かない部品、納期が数か月先とかのやつもあるのでSSTRまでにすべてを装着することができないのは無念でしたが…とりあえず装着したものだけご紹介。

ステップ

f:id:kumawo0017:20210926123638j:plain

スクーターはステップボードに足を放り投げて乗るスタイルになりますが、X-ADVではMC前までのモデルでも後付けステップを付けるのが定番カスタムのようで2021年モデルにも早速社外品のステップが用意されているのです。

このモデルからホンダが純正オプションとしてステップを用意するくらいなのでそれだけ人気というかメーカーとしても無視できないくらいのマストアイテムであるということでしょう。ちなみにこんなステップなのに純正を買うとめちゃくちゃ高いらしい。

f:id:kumawo0017:20211008151242j:plain

この位置でステップが展開されるので足を曲げて乗るオートバイスタイルがスクーターなのに実現できます、股で挟む燃料タンクは存在しないけどね。

f:id:kumawo0017:20211008151305j:plain

スクーターポジションって一見楽には見えるんだけど長時間乗ると体重をハンドルに預ける形になり結構疲れるのですがこのステップをつけることでポジションの自由度が飛躍的に高まりスクーターポジションとオートバイポジションを好きなように乗ることができるので足への負担はかなり減るのです。

f:id:kumawo0017:20211008151359j:plain

一番のメリットはスタンディングができるようになることでオフロードを走るときは着座スタイルよりもスタンディングのほうが安定して走らせることができるため多少のオフロードも行けると謳っているX-ADVにはそういう意味でもマストアイテムだったわけです。

 

別にオフロードを走らなくてもスタンディングができるというだけで立ち上がることで腰へのダメージを軽減することもできるのであって後悔するようなものでもないのです。

 

純正は高いので海外製品を買いましたけど、これは大満足。

 

ただステップを展開した状態では特に左側(サイドスタンド側)の位置がちょうどサイドスタンドを出すときに邪魔になる位置でフットペグが刺さります、痛い。右側も結構飛び出しているので狭い駐輪スペース、いやうちのマンションのことなんだけどに停めるときに自転車とかに引っかかりそうで怖い。

 

それ以外は大満足。

ブレーキレバー

f:id:kumawo0017:20211008151257j:image

これは失敗したorz...

 

見える位置でもないので交換しなくていいかなぁと思ったけどとりあえずレバーは交換するものだということで交換したんですが、ショートレバーになります。

f:id:kumawo0017:20211008151336j:image

そしてフロントブレーキ(右側)はそれほど違和感ないのですがリアブレーキ側が短い上にやたら角度がついていて奥側にあるので手が小さい自分には握りづらくて仕方がない。

f:id:kumawo0017:20211008151244j:image

DCTなのでブレーキを握りながらシフトダウンをすることもありますがブレーキを優先するとボタンに指が届かなくなり、本当に違和感がすごいため左側だけ純正に戻しました。

f:id:kumawo0017:20211008151347j:image

これなら届く(´;ω;`)ブワッ

f:id:kumawo0017:20211008151247j:plain

右と左でレバーが違うのはかなりダサいんですけどまぁいいや、ハンドルガードがあるのであんまり目立たない。右側はね、割と握った感じのポジションは嫌いじゃないのでよいのです。

SP CONNECT(スマホマウント)

これはADV150のときに買ったものの流用、ただハンドルバーの直径の違いでセンターよりにつけるときは31.7mm用のアダプタをかまさないとダメでした。アダプタを捨てたかと思ってひやひやしましたね。。。

 

若干斜めになったりするのはご愛敬だし、いつかケースが壊れて落下するんじゃないかと思うんですが案外大丈夫?

アンチバイブモジュールも組んでいますが、別にこれがあろうとなかろうと自分のiPhone11Proは壊れていません。案外振動大丈夫?知らんけど。

液晶保護フィルム(アンチグレア)

f:id:kumawo0017:20210927220921j:plain

クリアとアンチグレアの2種類入りのやつを買いました。

クリアは日光でかなり反射するのが好きではないのでアンチグレアですが「暗い」という印象もなくどんな時間帯、天候でも見やすいと思います。クリアとか貼る予定もないので1枚でいいから金額は半額にしてほしいなと思います。あとガラスフィルムではないのであくまで「保護」している風です。多少は傷がつきにくくはなっていると思いますけどね。

カーボン調メーターパネル

f:id:kumawo0017:20211004152718j:plain

海外通販で買った奴、思いのほかチープ(´;ω;`)プラスチックか何かできたカバーかと思ったら普通に貼り付けるだけのシールでした…自分しか見ないところなのでいいですけどね。貼らないよりはちょっと洒落感はありますが金額を考えたらなくていいと思うし、仮にメーターフィルムを剥がしたい、交換したいとなった場合はこれも貼り付けてあるだけなので外さないといけないです。正直、微妙。

アールズギアのスタンドプレート

f:id:kumawo0017:20210925220817j:plain

SSTRで砂浜にスタンドさせるために設置面が増えるやつを購入。

同時に若干車体が起き上がるくらいの角度がついています。車体が起き上がるというのはこの230kgもある重たい車体にまたがり起こすときにそれだけ起こす幅が少なくなり起こしやすいというメリットがあるわけですが、どちらかというと車体が起きることにより停める場所によっては車体が起きすぎて反対側に倒れるのではないかという不安があります。一度、緩い坂に停車していたらスタンドがゆっくり外れて「いやああああああああああ」になりました、ゆっくりと外れていくさまが見えたので慌てて支えたので事なきを得ましたが、納車二日目でフルバンク駐車するとこでした。

ただのダイヤル錠(何

f:id:kumawo0017:20211008151308j:image

X-ADVはシート下にヘルメットを入れるスペースはありますが、長距離ツーリングになるとそのスペースは荷物が占領するはずで、ちょっとした休憩などでいちいちメットを収納することができません。車載工具にあるワイヤーを車体に取り付けて固定もできますが長さが微妙で使い勝手が悪すぎるので社外品のヘルメットホルダーなどもあるようですが「ぶっちゃけワイヤーと鍵でよくない?」ということでダイヤル錠と車載工具のワイヤーを流用することにしました。

 

短時間のヘルメット盗難防止の意味合いでしかなくこの状態で走ることもないのですが、これにより車体の割と幅広い場所に取り付けることが可能になりました。

 

自分は結構ハンドルガードのところの穴に括り付けていますがハンドルやタンデムバーのところとかにも括り付けられ、使わないときは収納しておけばいいだけなので汎用性は高いです。鍵の種類を変えればリアシートのカバン盗難防止とかにも使えるかも。

ラジエーターガード

f:id:kumawo0017:20211008151300j:plain

これ、どうやっても下側が付く気がしないので上だけ。

そもそも下側ってカバーリングする必要ある?他メーカーのものだとラジエータ部しかないのでもともとここはつかないかMC前のモデルなら付くのかもしれない、上だけは付いたので上だけです。

f:id:kumawo0017:20211008151249j:plain

ここに本当はつくはず、無理やり押し込めば付かないこともないかな。。。

 

ラジエータコアガードはどんなバイクでもつけるようにしているのでX-ADVでも例外なく。いくつか種類はあるので気に入ったデザインのものを新車から早いうち、ラジエータコアが綺麗なうちに付けておくのが吉でしょう。

ハンドルバーライザーを取り付ける

f:id:kumawo0017:20211008175855j:plain

これが小物だけど大物でX-ADVというよくわからない乗り物をさらに難解な乗り物に変化させてくれるパーツです。

ハンドルを標準位置から35ミリ高く、10ミリ手前に持ってくることができるものです。ハヤブサのときに似たようなものを付けていたのですがX-ADVは自分の腕が長いこともあってそこまでハンドル遠いなぁという気もしないのですが「いいらしい」と聞いたし何より値段も安いので取り付けることにしました。ちなみにブレーキラインやケーブル類がぎりぎりになるので取り付ける際は完全自己責任で。

f:id:kumawo0017:20211008151316j:plain

ハンドルなので当然なのですがとにかく外すのが大変、工具が折れるかと思いました。ガキン!とすごい音を立てて緩みましたね。。ここが外れたら終わりですからメーカー側も絶対に外れてはいけない締め付けトルクをかけているのでしょうけどね。なので交換後も確実に、定期的に増し締めは確認したほうがいいでしょう。

 

ハンドルを外して上において付属のボルトで締めるだけです。

f:id:kumawo0017:20211008151331j:plain

が、ケーブル類がステーに固定されているのでそれを外さないとハンドルを動かせませんし、バーライザーの上に載せることができません。ブレーキラインは上下で分かれていると思うのですが、タイヤに近い方のラインは関係なく、マスターシリンダーに近い方の曲がりがかなりきつきつになるのでハンドルを左右微調整したり傾けたりしてなるべく遊びをつくるようにします。

f:id:kumawo0017:20211008151324j:plain

写真見づらいですがこのブレーキラインの曲がりに注意。引っ張ってもそこまで伸びないはずなので微妙な位置調整でどうにかするほかないようです。

f:id:kumawo0017:20211008151236j:plain

そこに気を取られているとパーキングブレーキから出ているケーブルがピンピンに張って切れそうになっていることがあったのでここも併せて注意しないといけないでしょう。全体的にケーブルに余裕がありませんが、メーカーもこんな部品を取り付けることを前提に設計はしていないので仕方ありません。対処法があるとすればブレーキに関しては社外品のステンメッシュなどを組む際にホースを数センチ延長するようにしたらいいと思います。

f:id:kumawo0017:20211008151342j:plain

ホースやケーブルの取り回しに苦戦したという意味ではマフラー交換より面倒だったかなと思いますが無事装着完了。

f:id:kumawo0017:20211008151305j:plain

座った感じの違いはあまりわかりません。

よろしい、ならば試走だ

f:id:kumawo0017:20211008151310j:plain

X-ADVは通勤に使うので朝の時点で気づいてはいたのですが、座っただけではあまり変わった感じがしませんでしたが走り始めるとすぐにハンドルの近さに違和感を持ちます。数値的には35mm高くなり10mm手前に来ているだけなのでそれほど大きな変化ではないはずですが感覚的にはADV150と同等くらいの近さになったんじゃないかと。

f:id:kumawo0017:20211008151339j:plain

車体はかなり大柄なのにハンドルは小型二輪並みに近いけど幅だけはアフリカツインとか本格アドベンチャー並みの広さがありステップを取り付けたことでオートバイのようなポジションになっている。言葉で書けばその通りなんですが実際こんな妙なポジションのバイクは今まで経験したことがありません。

f:id:kumawo0017:20211008151252j:plain

首都高を流してみるも最初はどう乗っていいかわからず曲げるだけでも困惑するような感じでしたが慣れてみるとあら不思議、これが非常に走りやすいのです。たぶんですが長距離走っても疲労は少ないのではないでしょうか。それでいて曲げようと思えばモタードのような乗り方でもスクーターのような乗り方でもステップに足を載せてオートバイのようにも好きなように走らせることができて楽しいという。

f:id:kumawo0017:20211008151344j:plain

ただ前述のとおりケーブル類の遊びはぎりぎりなので心配な人はやらないほうがいいかもしれないし、そもそも腕が長ければバーライザーがないほうが自然なポジションで乗りやすいかもしれません。自分はない方が自然に乗れると思います。よくも悪くもチューニングは純正のバランスを壊すもの、自分に合えばいいですが合わないのであれば戻す勇気も必要だし、バーライザーはそういう意味では価格も安価であるためお試しやすいのではないかと思います。

発売されているのは2019モデルまでですが、別に普通につきました。