ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

DISCOVER>>>PEUGEOT3008 #1

f:id:kumawo0017:20200309140336j:plain

自分を超える旅にでないか

あれだ、プジョー508の記事のタイトルを丸パクリしている←

web.peugeot.co.jp

508で京都を旅するこの企画、もう少し濃密でもよかったんじゃないかと思うけど紙面的な問題もあるのだろう。

 

書かれている文面はさすがというか納得のひとこと。

歳を重ねるにつれ、肩肘張らない生き方にシフトしている気がする。
人の目を気にするのではなく、本当に自分が良いと思ったものを選ぶ。クルマ選びにも変化があった。
人生で初めてのフランス車、プジョー508を手に入れたのだ。無難なクルマばかり乗ってきた私が言うのも何だが、
クルマが人を変えることもある 

 この最後の「クルマが人を変えることもある」が実にいい。

 

そのとおりなんだ、クルマは人を変える。

 

生活に寄りそう相棒であるからこそ、乗るクルマひとつで人生が変わる。フェラーリでもジムニーでもそれは同じだ。フェラーリを持てば無意味に六本木に行きたくなるだろうし、ジムニーを持てば毎週末は林道だ、生活ががらりと変わるのだ。

 

プジョーはそうだな、長距離が増える。

 

記事にも「クルマが人を変えることもある」として「京都までのロングツーリングを思い立った」と書かれている。

 

ぼくも会社帰りに東京から熊本までサウナに行こうと思えた。

 

これはプジョーでなければ叶わなかった話だ。

 

そう、生活はがらりと変わった。

 

f:id:kumawo0017:20200326094158j:plain

最高の旅の予感、春の京都を目指す

自粛要請が出る前の週、ぼくらは京都を目指していた。

 

なぜ京都だったのか、たしかそれはその二週間前にスシローで飯を食べているときに京都のホテルが安いというようなツイッターの投稿を見て、その場で値段を調べたら二人でスィートルームが1泊8000円とか破格の金額になっており、これなら行くしかないだろうと思い、その場でキャンセル不可の予約をしてしまったからだ。

 

京都はまともに観光したことがあまりない。

 

修学旅行は京都駅のジョイポリスだか大きなゲーセンでずっとゲームをし、飽きたら京都駅で電車の写真を撮っていたら終わった。

 

強いて言うならば、夜中に部屋を抜け出して同じ学校にいた付き合っていた女子と京都市役所のあたりでいちゃいちゃしていたくらいの思い出しかない、正直どこを回ったかまるで記憶にないのが困る。

 

そんな京都に行こうじゃないか。

f:id:kumawo0017:20200326094215j:plain

なるべく下道を使い、千葉を出発して4時間後の午前6時・・・朝風呂としてこれほどの贅沢な施設はないだろう、「しきじ」にぼくたちはいた。

f:id:kumawo0017:20200402124701j:image

朝サウナは最高で、頭から浴びるしきじの水は寝ぼけた身体を叩き起こす。

 

とても風が強い日だった。

 

 

三重県で大きな事故があり二名が亡くなった、その影響で早朝からずっと通行止めの区間が途中あったりしたものの、出発から10時間後には京都東ICに到着した。

 f:id:kumawo0017:20200402124822j:image

海外からの渡航者は減っているのかもしれないが、日本人客は相変わらずなのか京都東ICも県外・・・主に関東からのナンバー車が目立った。

 

f:id:kumawo0017:20200326094051j:plain

まだ知らぬ京都を往く

金閣寺も銀閣寺もじつのところ行ったことはない。なにしろ持っている知識が「どうせ金色なんだろ」とか「どうせ銀色なんだろ」とかその程度だ。神社は好きだが、寺は本当に興味がない(ぉ

 

f:id:kumawo0017:20200326094236j:plain

哲学の道の桜はまだ咲いていなかった、あと一週間遅ければ・・・わからなかったがどのみち自粛要請期間だったし、あの天気では関東から関西方面へは来れなかった。

 

哲学の道と言えば「ちとせちゃん」だ。

第1羽~第6羽

第1羽~第6羽

  • メディア: Prime Video
 

 

京都でどこを巡ってよいのか迷ったら「おこしやす、ちとせちゃん」を読んでおけばいいと思う。この漫画とアニメを見ておけば主要な京都の観光スポットは網羅できるし、なによりちとせちゃんが物凄くかわいい。漫画もいいけれどぼくはあの可愛いちとせちゃんの鳴き声と動きが堪能できるアニメがお勧めだ。

 

f:id:kumawo0017:20200326094231j:plain

そんな哲学の道を抜け、銀閣寺までの緩い登坂を歩く。

 

そういえば今回の旅行は珍しく歩いた。

 

いつもは自動車での移動がメインなのにね。

 

単純に京都の町中を自動車移動は渋滞で時間がかかること、そして駐車場代がかかるので上限料金があるところに停めて交通機関で移動したほうが安上がりでかつ早いという理由もあった。

 

京都の公共交通機関は発達しているからね。

 

コロナの話もあり、あまり混雑する公共交通機関は気分はよくないが、短距離の移動であればいいと思っている。

 

なによりそれがNGなら通勤電車の方がはるかにやばい。

 

f:id:kumawo0017:20200326094212j:plain

銀閣寺は思った以上に歩かされる、というか園内に上り坂が多くクルマに頼りきりの体が徐々に悲鳴をあげてくる。何しろ「しきじ」でサウナした時間や休憩を除けば8時間くらいはアクセルを踏み続けていた足で歩くのは厳しい。

 

帰り道の参道で買った「神風」のハチマキはなかなか楽しい。

 

f:id:kumawo0017:20200402165915j:plain

これを巻いて軍歌を流してプジョーで走れば立派なジャパニーズ・プジョリストだ。

 

本国からそろそろ怒られたほうがいい。

 

f:id:kumawo0017:20200326094145j:plain

霊鑑寺の特別展

ja.kyoto.travel

ちょうどこの時期に特別展をやっていた霊鑑寺へも行ってみた。

 

銀閣寺からはちょっと歩くが行けない距離ではない。

f:id:kumawo0017:20200326094223j:plain

期間限定でしか入れないお寺様らしい。

 

f:id:kumawo0017:20200326094220j:plain

ちなみに何の花かはわからない(ぉ

 

まるで花になど興味はないし、種類を覚える気もない。とりあえず全部桜って言っておけばいいだろう、それくらいの認識でしかない。

 

f:id:kumawo0017:20200326094134j:plain

ただインスタ蠅しそうなスポットが多く、気分転換に歩くのはちょうどいい。

 

f:id:kumawo0017:20200326094121j:plain

クルマに戻る途中で買ったコーヒーをここだけ咲いていた桜の木の下で飲む。

 

f:id:kumawo0017:20200326094047j:plain

夜の京都へ行こう

銀閣寺からホテルまでは距離にすれば10kmもなかったが、渋滞が酷く1時間以上もかかってしまった。これが嫌で京都では電車移動を決めた。

 

格安だったホテルのプランには駐車場がセットではなく、近くの有料パーキングに停めることになった。

 

少しだけ京都市街地から離れた場所にあり不便は不便だったが、この不便さが生んだ交流もあったので今となってはいいところにホテルを取ったなと思う。

 

そんなホテルで少し休憩し、最寄りの駅から二条城を目指した。

f:id:kumawo0017:20200326094142j:plain

京都の電車ではマスクをしている人が少なく、関東では信じられない光景だった。

 

まだこのときはそれほどまで危機感がなかったのか?

 

今となれば京都の大学でクラスタが発生しているのでそんなことはないかもしれないが、逆にマスクをしていると「こいつらコロナなのか?」的な視線を向けられているような気さえする。

 

地上を走っていたおけいはんはすぐに地下に入り、1度の乗り換えを経て二条城。

 

二条城を知っているのは歴史とかそういうのではなく戯言シリーズで。

戯言シリーズ 文庫 全9巻 完結セット (講談社文庫)
 

京都といえば西尾維新だ、異論は認めない。いつか京都の街をベスパで走りたいものだ。

 

そんな二条城に来たのはFLOWERS BY NAKEDをみる為だった。

flowers.naked.works

※コロナの影響で今は休止中の模様

 

f:id:kumawo0017:20200402165935j:plain

チケット売り場もコロナ対策で間隔を開けてくださいと言われていたけど無理に決まっている。そんな光景を眺めながら30分ほど並んで入城。

f:id:kumawo0017:20200402165921j:plain

定番の記念撮影、こんなことしてるからコロナに罹るんだよ。

 

f:id:kumawo0017:20200326094131j:plain

プロジェクションマッピングを使ったアートが非常に幻想的だった。

f:id:kumawo0017:20200326094128j:plain

f:id:kumawo0017:20200326094126j:plain

f:id:kumawo0017:20200326094111j:plain

人ゴミに長時間いるのもリスキーなのでさくっと会場を後にして、人気のない中華料理屋で静かに食事を取る。

f:id:kumawo0017:20200402165926j:plain

京都らしい食べ物は明日以降だ、今日はもう疲れた。

 

f:id:kumawo0017:20200326094204j:plain

本能寺ってこんなところにあるんか…めっちゃ街中やん?

 

f:id:kumawo0017:20200326094058j:plain

池田屋もすぐ近くにあった。

 

そこからバスで数停留所先にある「サウナの梅湯」、京都に来たらサウナだろ。

f:id:kumawo0017:20200326094108j:plain

ここに来るのは二回目だけれど、やっぱり京都の銭湯は水風呂がいい。

 

関東の銭湯と比べると湯船が深い気がする。

 

狭くて熱いサウナで徹底的に蒸してもらい、これでコロナも殺せるはずだ。

 

そんなサウナのあとの水風呂は最高で、もう完全に身体がお休みモードになる。

 

気合でホテルに帰り、なんとなくニュースで上野では花見が行われているなんて話を聞きながら、気が付いたら寝落ちしていた。

 

f:id:kumawo0017:20200402165910j:plain

PEUGEOT3008の燃費が悪い

なぜだろう、今回の旅はえらく燃費が悪い。

 

通常燃料計半分で神戸まで行けるクルマが、京都の時点で半分を切っており、後続可能距離は500km以下だ。

 

スロコンを取り付けた影響なのか、下道区間が多かったからなのか、よくわからなかったが普段から燃費がよいクルマの燃費が悪化すると少々不安になる。

 

距離も40000kmに届こうとしている。

 

燃料フィルターなど消耗品の交換時期でもあるので帰ったらメンテナンスはしっかりしよう。

 

そう思った1日目。

 

ナンバー返納

f:id:kumawo0017:20200331110626j:plain

大型二輪のナンバー返納

自宅マンションの駐輪場に眠るGSX1300Rは、もう車検が切れて二年放置されている。

 

定期的にエンジンをかけているとはいえ、もう機能的にはオーバーホールが必要だろう、特に10万kmそのままの足回りではもう本来の性能はでない。

 

二度に渡る追突事故でライダーとしての自分は終わった。

 

ハヤブサのような前傾姿勢は首が持たないのだ。

 

プジョー3008にしたのもバイクの代替的な意味合いもある。

 

バイクほどの開放感はないにせよ、パノラミックサンルーフと高燃費、ハヤブサも高速道路なら22km/Lくらいは出せたが、プジョー3008はそれよりももっと燃費がよく、快適により遠くまで行ける。

 

旅の楽しみは二輪車の方が上だったが、色々な環境を考えると遠出にバイクはもう厳しいのかもしれないと漠然とは思っていた。

 

駐輪場に放置されるハヤブサも可哀そうだ。

 

そろそろお役御免でもいいかもしれない。

 

税金の関係もあるのでコロナ騒動であまり人込みには行きたくなかったが、月末の陸運局に足を運んだ。

 

f:id:kumawo0017:20200331110811j:plain

大型二輪のナンバー返納は簡単

3月末という陸運局が1年で最も混む時期の朝、8時45分開局のところを8時50分に行って手続きを行ったが、窓口によっては50人待ちとかだった。

 

平時ならなんてことないが、さすがに密を避けろと推奨される中で1つの施設内に人が集まる陸運局は間違いなくクラスターの可能性を秘めており、サウナどころの比ではない。

f:id:kumawo0017:20200331165556j:image

ナンバー返納の手続きは簡単で、必要なものも少ない。

 

・印鑑

・ナンバープレート

・車検証

 

窓口は陸運局によって違うんだろうけど最初に手数料を払ってナンバーを返して、あとはなんかいろいろ窓口巡りして最後に税金の手続きをして終わり。

 

350円の手数料だけで完了。

f:id:kumawo0017:20200331171153j:image

混雑時期でも1時間弱で終わった。

 

廃車ではないので、また乗りたいときは車検を通せば乗ることはできる。

 

でももう乗らないだろう。

f:id:kumawo0017:20200331171105j:image

 

これで終わりにはしたくない 

ハヤブサを買ったのはあの311震災があった直後だった。

 

社員のほぼすべてが出勤できない状況に陥る中、インフラ保守が必要だった自分は震災の2日後には通勤を再開することになったが、電車は動いていなかったし仕方なく会社から貸与されたママチャリで20km以上の道のりを3時間かけて通った。

 

そこに限界を感じた自分が二週間後に購入したのが中古のハヤブサだった。

 

憧れたハヤブサだったが、まさか震災をきっかけに乗ることになろうとは。

 

これほどに通勤に不向きな巨体もないが、案外普通に使えたし不動になったのは発電機が熱で死んだ1回きりで9万kmをほぼノートラブルで走ってくれた。

 

国産車の信頼性は半端ないね。

 

四輪より先に二輪でこの世界にやってきた、だから今でも四輪よりも二輪の方が好きだ。

 

不便極まりなく、実用性もない二輪車だが旅の楽しみは四輪では味わえない。

 

雨が降れば泣きたくなるほど辛いし、何度も心が折れそうになる。

 

それでもその先で見た景色は安楽椅子の四輪よりも遥かに素晴らしいものと感じられる。

 

でも、身体がそれを受け付けなくなった。

 

前傾姿勢は今のぼくでは1時間も続けられない。

 

だから一旦二輪は降りているが、いつか必ず戻ってくる。

 

そのときはネイキッドかもしれないし、スクーターかもしれない。

 

わからないけれど戻ってきたい。

 

ちょうど登録から9年目、ハヤブサのナンバーは消えた。

 

物はあるけどナンバーはない、公道を走れない。

 

複雑な心境、春だしセンチな気持ちにもなるだろう。

 

出会いの季節でもあり、別れの季節なのだから。

 

 

アーバン スパ

f:id:kumawo0017:20200331114253j:plain

金曜日は本厚木で

本来ならばおとなしく家に引きこもれという話なのかもしれないが、あくまで国は「自粛」としか言っていない。

 

どう捉えるかはそれぞれだと思うけれど、経済活動を止めれば死ぬ企業も多いだろう。

 

金曜日に訪問した会社の社長も恐らくもって半年だと嘆いていた。

 

「誰も悪くはない」

 

 もともとコロナが流行っても流行らなくても時間の問題だったのかもしれない。

 

とはいえ、ひとつの企業が倒産すれば多くの従業員にも影響する。

 

なんともやるせない気持ちになりながら、帰り道でこのサウナに立ち寄った。

 

f:id:kumawo0017:20200331114259j:plain

地下の楽園URBAN SPA 

www.u-spa-sauna.com

アーバンスパはつい先日の3月11日にリニューアルオープンしたばかりの施設。

 

本来なら盛大に祝われ、それなりの来客だって見込めるイベントであるリニューアルもコロナの影響で静かなものになったのかもしれない。

 

ここだけではない、ホテル業界などもオリンピックなどを見込んで春にオープンするところは少なくなかったはずだが、本当にそれどころではない。

 

キャッシュがあるところならそれなりに持ちこたえられるかもしれないが、自然災害と違い収束のめどは立たないし、目に見えないものを相手にしており、かつ日本人が大好きな自粛ムードの中で大々的に騒げば叩かれるという苦痛もある。

 

施設は閑散としていたが、言い方は悪いが人が少なければ感染リスクは抑えられる。

 

f:id:kumawo0017:20200331114234j:plain

駐車場は3時間無料なのでクルマでも来ることはたやすい。こういうときだからこそ可能な限り公共交通機関の利用は避けたいし、気は使う。サウナには行きたいが、電車でしか行けないような場所はなかなか足が重くなる。

 

www.u-spa-sauna.com

20時を過ぎれば870円という金額で楽しめるのが凄い。

 

バスタオル・ハンドタオル・サウナマットがついている。

 

f:id:kumawo0017:20200331114256j:plain

一瞬戸惑ったのはロッカーキーの番号とロッカーの番号があっていないところw

 

1003の場合は下一桁で「3」のロッカーが該当する。

 

4桁のロッカーはここには存在しない。

 

f:id:kumawo0017:20200331150013p:plain

新しい香りがするサウナ

浴室に人はいてもサウナまで来る人はごくわずかだった。

 

広々したサウナ室に距離を置きながら3人が座る。

 

ヒーター横の上段を陣取り温度計を見れば「90℃」となっていた。

 

適度に湿度もあるので十分に耐えられる。

 

構造的に扉が開いても熱が逃げにくいのか、人の出入りはそれなりにあったが寒気を感じることはなかった。

 

まだ二週間ほどしか経っていないサウナはいい香りがする。

 

男性サウナは18時から100℃になるとブログには書いてあったがなぜだか90℃だった、100℃の高温サウナも体験してみたかった。

 

というのは水風呂がよかったからだ。

www.u-spa-sauna.com

アーバンスパの水風呂は湯船と同じくらいの広さがあり、そして冷たい。

 

14℃を経験するとやっぱりサウナは100℃にしてもらいガンぎまりしたいなぁという思いはあった。

 

サウナ室で流れていたのが魔女の宅急便・・・ぼくはこの手の作品が嫌いで、どうにも心が落ち着かなかったので2セット目で退館してしまったがそれでも十分にアーバンスパのよさが伝わった。

 

f:id:kumawo0017:20200331152158j:image

「マジで無理しねーよ、コロナに罹ったら国民からグーで殴られっからさ」

残念ながらこんな時期なので声を大にしてサウナも楽しめない。

 

仕事先でも気を使うし、マイホームの名古屋は連日コロナ騒動で「民度がー」と言われるほどの騒ぎようで落ち着きもない。

 

だけど余計なストレスをためることの方が不味い。

 

在宅勤務が始まって以降、社内で対策チームに入っている自分のところには連日のように罵倒のメールが届き辛い気持ちにもなる。

 

緊急事態宣言はまだ出ないのかとかぼくに言われてもわかるわけがない、東京都に聞いてくれとしか言いようがないし、「なぜそんなこともわからないんだ」っていつから弊社は東京都よりも早い段階で情報を得られる機関になったのだとこちらが逆に文句を言いたくもなる。

 

平時なら、みなさんの優秀な頭脳をもってすればそんな質問が的外れであることはわかりそうなものだが、そういう冷静さを皆失っている。

 

こんなときだからこそ、適度にストレスを解消する方法をみつけねばよくない結果が待っている。

 

だから、両手を広げて愉しむことはできないが、静かに、サウナを愉しみたい。

 

この調子では夏休みにボーナスを使ってフィンランドへサウナに行くなんてのも無理そうだしね、、

 

ぼくらはできることを、できる範囲でやっていくしかない。

 

 

トヨタ ラウムを再考。

f:id:kumawo0017:20200329120419j:plain

そいつは代車でやってきた

故障したプジョー3008に代わり代車としてやってきたのはトヨタ ラウム。

 

当時友達が新車で親に買ってもらって、このラウムで石川県サイコロの旅をやった。

 

そんな懐かしいクルマを手にして、なんだろう妙にワクワクするのだ。

 

本来ならプジョーの最新モデルで508でも借りられたらよいのかもしれないけど、ラウムには508以上の魅力がある。

 

f:id:kumawo0017:20200329150903j:plain

ラウムってどんなクルマ?

ラウムは1997年から2011年まで発売された5ナンバーサイズのいわゆる小型乗用車で両側スライドドアという変わり種のクルマだった。

 

SUVでもステーションワゴンでもハッチバックとも呼べない独特の形状が特徴だ。

 

代車でやってきたのは2代目となる2003年から発売されたモデルで、車検証を見る限りは2005年に登録されている。

 

「クルマづくりにおけるユニバーサルデザイン」がコンセプトにあった模様。

 

とにかく風変わりなクルマという印象が強いし、代車でやってきたこいつは装備が貧弱でマニュアルエアコンにハロゲンランプという今じゃなかなかお目にかかれない。

 

ついついライトを消し忘れてしまいそうになるし、集中ドアロックやリモコンキーすらなかった。

 

鍵をひねってエンジンをかける動作もしばらくぶりな気がするが、これはこれで味があり、なんだろう妙にわくわくしてしまう。

 

f:id:kumawo0017:20200329113638j:plainウレタンステアリングは剥げ、タバコの火で穴の空いたシートに年期を感じる。

 

特徴とされる両側スライドドアは実は左右で形状が違。

f:id:kumawo0017:20200329150933j:plain

運転席側はBピラーがあるが、助手席側はピラーレスだ。

f:id:kumawo0017:20200331090713j:plain

この時代にこんな形状なのでいまどきのクルマと比べるとボディ剛性や遮音性には難があるが、それも含めて「味」として受け入れることができてしまう。

f:id:kumawo0017:20200331090705j:plain

パワースライドドアがついているし、後部座席はなかなか広い。

 

ドリンクホルダが後部座席に見当たらないのでその辺りは不便だ。

f:id:kumawo0017:20200330080856j:plain

ひとりで乗るなら助手席を倒して荷物置きにできたり便利なところもある。

 

f:id:kumawo0017:20200331090709j:plain

なんだろうか、無性に旅に出たくなってしまうクルマだった。

 

f:id:kumawo0017:20200331090658j:plain

パワートレインは必要にして十分

搭載されるエンジンは1.5リッターでFWDモデルはカタログ上では109馬力でトルクも141Nmと目立って凄いわけではないが、アクセルの踏み始め、出足はなかなかいい。なんなら3008よりもずっと軽快だ。

 

何しろ車重が1,200kgもない(※車検証上は1,140kg)から十分と言える。なんだったら現行のフィットと同じくらいで馬力もトルクもこちらのほうがあるのだから不満に感じる要素はない。

 

速度をあげるためにぐっとアクセルを踏み込むとエンジン音が勇ましく聞こえるし、ロードノイズもそれなりに入ってくるがそれも「味」に感じられる。

f:id:kumawo0017:20200329145506j:plain

4速オートマチックは今ではこのサイズにはレアなトランスミッションだが、2000年台であればまだまだ小型車は4速が普通だった。

 

5速なんて一部の高級車に用意されるかされないかの時代だったし6速はまだどのブランドでも存在していなかったように思うが、実は三菱は97年にFTOに5速オートマを導入している。

 

まぁそんな話はさておいて今じゃ4速オートマなんてのはジムニーくらいでしかお目に掛かれない。CVTでは信頼性に不安があり、オーソドックスな4速ATのほうがジムニーにはよいのかもしれないが、普通車ではもうずっとCVTが主流だ。

 

オートマチックも8速、9速、10速とどんどん多段化が進みマツダの6速ですら今や少ないと言われる時代にあえて4速に乗るのも「味」だ。

 

実際に街中で乗る分には4速でも不自由には感じない。

 

ゲートシフトを操作してマニュアルシフト的にエンジンブレーキを効かせていくのも久々に行うとなかなか便利で楽しい。

 

燃費計が存在していないので正確な燃費はわからないが10・15モードでも16km/L程度らしいので実際には10km/L弱くらいな気がする。

 

f:id:kumawo0017:20200329151100j:plain

無駄に旅がしたくなるクルマ(要シート交換)

 

久々に乗る国産車、そして15年も前のクルマはなんだかとても楽しい。

 

今や当たり前のオートライトもオートワイパーも多段化されたATもアイドリングストップもLEDヘッドライトもとにかくなにもない。iPhoneのミラーリングなんかできないしカーナビに至ってはDVDカーナビだ。TVもついているなが地上アナログ放送のみ対応なので映らないし、ラジオが聞けるだけマシ。バックモニターもないので久々にドアを開けてバックなんかやったりもした。

 

でもこれが自分が学生の頃は当たり前だったし、それを不便と感じることはなかった。

 

なければないでどうにでもなる。

 

今は便利になりすぎているとさえラウムに乗ると思えるのだ。

 

無駄なものがほとんどなく、複雑な電子制御も入らないからハンドリングも意外と素直で、8万kmを走っている車体でも高速安定性も高く、コーナーでも動きがわかりやすい。そう、ABSだけついていれば正直それでいい。

 

そういう便利な世の中になったことを実感させてくれるのがラウム。

 

仕事の都合でこいつで名古屋まで往復したが、シートのできばえが絶望的で100kmも腰が持たないことを除けば特にラウムで不都合することはない。

 

なんだか気持ちだけ学生の頃に戻ったような、車で行く旅の原点を教えてくれるような、そんな体験だ。

 

こんな気持ちになれるクルマは、たぶん今のクルマでは得られない。

 

そういう意味では308でも508でもなく、ラウムでよかったと思う。

 

どれくらいで3008が帰ってくるかはわからないけれど、しばらくはラウムを相棒に楽しんでいきたい。