ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

FIAT500Xとハヤブサ、時々家族を愛でるおっさんのごった煮ブログ。

ABARTH DAYとGIULIA

11月11日はポッキーの日です。

f:id:kumawo0017:20171119233326p:plain

江崎グリコ ポッキーチョコレート 2袋×10個

江崎グリコ ポッキーチョコレート 2袋×10個

 

 

そんなポッキーの日に台場で開催されたのかABARTH DAY 2017。

www.abarth.jp

ABARTHじゃないけど行ってきた。

f:id:kumawo0017:20171119232241j:plain

ABARTHちんくと言いながらこよなくABARTHを愛する息子が同伴。

f:id:kumawo0017:20171119233539j:plain

目の前のカップルにリア充爆発しろとか思っていない←

f:id:kumawo0017:20171119233634j:plain

ジムカーナ車両。

f:id:kumawo0017:20171119233916j:plain

たくさんのABARTH。トリブートフェラーリも数台居たのであれがまとめて見れるだけでも来る価値はあったかと。

f:id:kumawo0017:20171119234719j:plain

息子はたくさんのABARTHが見れてご満悦であった。

 

ABARTH DAYだけどFIATの試乗会?的なものもやっており我らが500Xも。

f:id:kumawo0017:20171119235032j:plain

これ新色だっけね。

 

デモランはなかなか面白かった。

f:id:kumawo0017:20171119235308j:plain

ラリーカーになったこいつの動きのトリッキーさがたまらない。

f:id:kumawo0017:20171119235455p:plain

124の動きはさすがは全高が低い後輪駆動車両ということもあって俊敏なのだけど、自分はあの背の高い500のボディがダイナミックに動くほうが好き。スポーツカーとして作られたロードスターをベースにした車両より実用車を改造したものが好きっていう屁理屈は世の中一定数いるわけでw

 

そのABARTH DAYでアンケートにこたえたりして成り行きでディーラーに595を久々に試乗しに行ってみたり。

 

f:id:kumawo0017:20171119235804j:plain

 

以前に試乗したときは、その軽さに感動したのだけど、今乗ってみるとそうでもない。

 

f:id:kumawo0017:20171119235856j:plain

それは500Xにスロコンをいれたせいもあるのだと思う。何しろ出足の鈍さが気になるところで、595だってスロコンを入れればかなり軽快になると思う。トランスミッションに関しては9ATよりもずっとこの5速SMTのほうが好き。いじりがいがあって実に面白そう。ひとりで乗るならダントツでABARTH595だろうなぁ。

 

でも最近は大人数で移動することが多い自分に595の狭さはちょい辛い。

 

そうなると魅力的なのはダントツこっち。

f:id:kumawo0017:20171120000154j:plain

GIULIAだ。

www.alfaromeo-jp.com

セダン好きとしてはこいつは見過ごせない。

f:id:kumawo0017:20171120000318j:plain

本国にはディーゼルもあるようだけど日本仕様は4種類。

・GIULIA 

・GIULIA SUPER

・GIULIA VELOCE

・GIULIA QUADRIFOGLIO

の4グレード。うち素GIULIAは受注生産だし、価格は446万円と安価だけど装備を考えてもメーカーが売りたい仕様ではなく、実質GIULIA SUPERからがメインかなぁという感じ。駆動方式がVELOCEのみ2LターボのAWDとなっている!

 

ただしVELOCEは左ハンドルのみw

f:id:kumawo0017:20171120001205j:plain

ただ右ハンドルはフットレストの位置がイマイチなので正直こいつは左ハンドルで乗りたい。しかし2LターボのAWDで280馬力・・・4ドアセダンと来ればランエボやインプレッサの世界だ。あのクラスをアルファロメオで堪能できるなんて実にいい。

 

内装のシンプルさも大好き!PEUGEOTやCITROEN、DSのような華やかさとスイッチの多さもメカ好きには溜まらない造形だったりするけどイタリアンシンプルという言葉を聞くだけありGIULIAはそのシンプルな内装が魅力だったりする。

 

f:id:kumawo0017:20171120001455j:plain

試乗したモデルがSUPERと売れ筋になるんだろうなぁというモデル。2Lターボの後輪駆動で200馬力なので、往年の日本車で言えばシルビアあたりよりも出力は劣る。まぁあのへんと比べることになんの意味があるのかはさっぱりわからないけど←

f:id:kumawo0017:20171120001700p:plain

http://www.alfaromeo-jp.com/models/giulia/giulia/performance#start

出力は劣るけどさすがは今時のターボなのでトルクだけは330Nmもある。車重が1590kgとそこそこあるのだけどトルクとZF製8ATのギア比の関係か、思いの外かるく車が動く印象で一般道で不満を感じることはないかなぁという印象。これを箱根とかのワインディングに持ち込むと印象は変わるかもしれないけど、こいつがターボ車であることを考えればライトチューンでさくっとパワーは上がるだろうし、あんまその辺を気にすることもないかなぁと雑に考えてみる。

 

本国にはMTもあるみたいだけど、キャラ的には8ATのほうがいい気がする。

 

f:id:kumawo0017:20171120002520j:plain

アルファロメオ浦和さんには3グレード存在しているので見比べられてなかなかおもしろい感じ。

 

自分が買うならAWDじゃなく価格的にもSUPERあたりか。

 

SUVも悪くないけれど、やっぱり根がセダン好きなのでパッケージングからして大好き。GIULIAは後部座席もそこそこ広いので大人が四人で移動するという用途であれば十分に活躍してくれる。スポーティながらランエボのようなハードさはまったくなく、運転も楽だし、楽しいし、乗員も快適な大人のセダン。

 

ぶっちゃけ半額くらいでこっちのセダンを買ったほうがコスパはいい。

www.mazda.co.jp

でも人とは違うものを求める層は絶対にいるし、日本のセダンには日本のセダンのよさがあるけれど、当然に輸入車セダンにはそのよさがある。今までこのクラスだとBMWやアウディ、メルセデスとドイツ勢の独壇場だったけれど新型GIULIAの登場で一定数ドイツ車からイタ車に流れる人もいるのではなかろうかと。それくらいに違和感なくよくできた車でした。

 

アルファロメオといえばステルヴィオも控えているし、今後が楽しみですね!

 

とりあえず・・・GIULIAかわいいよ、GIULIA!!

f:id:kumawo0017:20171120003106j:plain

さぁ週末はお近くのアルファロメオディーラーへ!!(と雑すぎる宣伝をしてみる。 

CG 2017年 12 月号 [雑誌]

CG 2017年 12 月号 [雑誌]