ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

セルフチェックは大切です。

f:id:kumawo0017:20200215233010j:plain

プジョー「308」に乗ってからやけに「3008」が重く感じるようになった。

 

実際車重も300kgくらい違うので重いことは間違いないんだけど、それにしたってこんなに鈍重なフィーリングだったか??と静岡へ向かいながら思った。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

なにより燃費が悪かった。

 

いつもなら20km/Lを下回ることのない快走路区間で16km/L程度しかでないし、箱根のくだりで唯一20km/Lを超えた程度で明らかに悪い。

 

どうしたディーゼル!?

 

ガソリン1.2リッターターボに移り気したことにすねたのか(´;ω;`)ブワッ

 

もうだめなのか、308SWに乗り換えなのか!?

 

そこでハッとした。

 

12か月点検後にサービスの方が「純正より高めに入れてあります」そんなこと言ってたな。

 

昨晩自宅でエアゲージで見たところまさかの「250kPa」しか入ってない。。。

 

確かに純正は230かそこらだった気がするので高いのは間違いないけど。。。

f:id:kumawo0017:20200220091332j:plain

社外の19インチは購入時にタイヤ屋さんに300kPaを目安に多少減らすくらいならOKと言われて常に300にしていたので。。。

 

自宅にある手動ポンプで50kPaを補充したけどさすがに息があがりガソスタへ。

f:id:kumawo0017:20200220091328j:plain

 一瞬で補充できた(´;ω;`)ブワッ

 

ライトチューンとはいえ純正よりいじられているクルマはセルフチェックが重要だなと再認識。

 

やっぱりこれだけ空気圧が違うとステアリングもだいぶ軽くなる。

 

どちらが好みか?という話もあるけれどね。

 

f:id:kumawo0017:20200220091335j:plain

せっかく簡易コーティングしてもらった「3008」は花粉ででろでろorz...

 

コロナに花粉に、もう嫌だ日本(´;ω;`)ブワッ

 

 

【12か月点検】プジョー3008を振り返る

f:id:kumawo0017:20200215232543j:plain

プジョーと過ごす濃密な10か月

リア充がバレンタインデーと浮かれていた翌日の15日、うちのプジョー「3008」は12か月点検を無事に完了、何の不具合もなく、指摘事項もないままに終わった。

f:id:kumawo0017:20200217170026j:plain

距離的にはそろそろ燃料フィルターを交換したほうがいいかもねとのことではある。

 

走行距離はおよそ34000kmだった。

 

一部で絶賛大不評なMyPeugeotAppで記録を取り始めた月から振り返ると・・・。

f:id:kumawo0017:20200218101936j:plain

昨年の8月から12月までの平均走行距離は2,500kmとなり10月だけえらいことになっていた。

 

前車のフィアット「500X」は業務にも使っていたのでそれなりに距離は伸びる傾向にあり3年で7万km弱をノートラブルで走り切った(ただし、二回追突された)。

f:id:kumawo0017:20200219103905j:plain

「3008」は完全にプライベート(1度だけ出張先の名古屋まで行ったくらい、あれも9割はドライブだった)利用なのにこの距離は我ながら凄いと思う。

 

納車直後のGWに無給油1000kmドライブで九州へも上陸。

f:id:kumawo0017:20200219103909j:plain

長距離ドライブが好きと言いながら、九州に上陸したマイカーはランエボとバイクでハヤブサとこの「3008」の3車種しかない。

 

ディーゼル沼に落ちた。

ロングドライブをしたいと思わせてくれるクルマとはなんだろう?

f:id:kumawo0017:20200219103913j:plain

フィアットも年平均では2,4000km、月平均2,000kmなので普通に車を使う人から見れば乗ったほうかもしれないが、意外や意外なことに一番遠くに行った場所がまさかの大阪や石川くらいまでだった。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

フィアットがロングドライブに向かないわけではないが、ロングラン時にはどうしても燃費を意識する。輸入ガソリン車の場合は特にハイオク指定であることがほとんどでフィアットも例外ではない。高速燃費は9速ATの実力で伸びる傾向にあったが、同じ燃費を出すならガソリンよりも軽油の方がコストは低く長距離に行きやすい。

f:id:kumawo0017:20200218150932j:plain

プジョーが誇る歴史あるディーゼルAH01ターボエンジン

長らくガソリン車でしかもハイオク指定が当たり前だった自分にとって「軽油」で「高燃費」のクルマは新鮮で、そしてそんなクルマが自分の使用用途には一番あっていると今更ながらに気づかされることになる。

 

高回転までぶん回せるエンジンは魅力的だが、それを愉しむならバイクでいいじゃないか。クルマに乗る時点で自分は快適性を求めているし、そこそこのパワーと豊かな低速トルクでどこまでも走っていけるクルマのほうが合っていた。

 

普通に庶民が買えるクルマじゃ、中古で数十万円で買えるバイクのGSX1300Rが叩き出す300km/hには届かないし、スピード狂をやるならほんとバイクのコスパが一番いい。

 

ディーゼルの低速からの力強さはたまらない。

 

ガソリン車は軽量化をすればその軽量化分をすぐに体感できるが、ディーゼルはそこまで変わらない。テンパータイヤを積んでいようが、おろしていようが、フル乗車だろうが、一人乗車だろうが、燃費にも加速にも目に見えて大きな変化が出てこない。もちろん微々たる変化はあれど、それはガソリンよりも体感しづらく、ほんとトルクが豊かなんだなと思う。

 

1,700kgに届く車体が高速燃費で20km/Lを軽く超えてしまうのだから、それを知ったら長距離移動はやめられない。

 

「3008」の維持費は

f:id:kumawo0017:20200218164337j:plain

燃料費を別にすれば6,000kmごとのオイル交換とおよそ10,000kmすぎに訪れるアドブルーの補充が今のところかかった費用。

 

オイルに関しては5Lは必要になるし、クリーンディーゼル対応のオイルはそこまで豊富に選べるわけではないのでどうしてもガソリンエンジンに比べると割高になりがちで、純正指定のオイルに交換すると自分が買ったディーラーでは2万円近くはかかるそうなのでメンテナンスパックについているオイルを除き基本は社外品を使う

 

保証の話などもあるので純正指定にこだわりたいというのであれば高いオイルを入れるのが当然いい、けれど自分が使うリキモリのオイルも5Lで1万円なので安いわけではなく、そしてドイツのクリーンディーゼルにも対応しているオイルなら当然品質は悪くない。

 

アドブルーの補充はガソリンスタンドでもできることがあるし、そこまで意識しておびえるものでもない。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

リッター100円くらいだったし、1000km1Lの減りと考えれば1000kmごとにガソリンよりも100円の追加コストが必要になるという考え方になるか。

 

その100円が惜しいのならば最初からガソリンを買ったほうが幸せになれる。

 

 

他は出費を要する故障もなく、至って快調だ。

 

「3008」はガソリンorディーゼルどちらがいいの?

f:id:kumawo0017:20200126234009j:plain

エンジンで両方が選べるモデルはそこが悩みの種でもある。

 

「3008」も1.6リッターガソリンターボ2.0Lリッターディーゼルターボの2種類があり迷いどころだ。(それでも308よりは迷わないw)piyoco-craft-works.hateblo.jp

いちばんは車体価格の差。

f:id:kumawo0017:20200219114905p:plain

f:id:kumawo0017:20200219114929p:plain

SUV PEUGEOT 3008 | PRICES & VERSIONS | 3008ラインナップの価格と主な装備

同じGT LINE同士で比較すると45万円差になるので決して小さな差ではないが、オプションのパノラミックサンルーフが必須と考えるとガソリンはファーストクラスパッケージが必須で、ディーゼルはパノラミックサンルーフだけが可能なので価格差は30万円となる。

 

価格差もそうだが、ガソリンとディーゼルでは燃費の差が大きく先日の改良でディーゼルはJC08の燃費が17km/L→21km/Lに大幅に向上した。ガソリンは15km/L。ざっくりハイオクを148円、軽油を115円として年間3万km走るとすると。

 

ガソリン:296,000円

ディーゼル:164,286円(△131,714円

 

なのでおよそ2年半以上乗るのであれば両者の価格差はなくなるし、そこから先は燃費の良さもありどんどん差は開いていくのでロングドライブが好きならディーゼルはおすすめできる。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

「308」なら一瞬ガソリンとディーゼルは迷ったかもしれない。

 

どんなに静かと言ってもディーゼルらしさは十二分にあるので気になる人は気になると思う。

 

前記のオイルやアドブルーのことを考えれば短距離メインであるならガソリンでも十分だと思う。

 

プジョーのディーゼルは露骨にDPF再生がわからないというが、見えないところでこっそりやっているそうなので短距離走行が多ければその辺りでディーゼルでも燃費の悪化や不具合に繋がるトラブルが出る可能性はある。

 

ある程度の長距離を乗るならディーゼル、短距離メインで「3008」という車種を気に入っているならガソリンでいいと思う。

 

 

後悔のない選択

f:id:kumawo0017:20200217003518j:plain

どこに行くにもプジョー「3008」が一緒にいれば最高の旅になる。

 

ロングドライブが多くなったのは単に燃費のよさもあるけれどプジョーの乗り心地のよさやシートの出来栄えのよさも大きく貢献している。

 

f:id:kumawo0017:20200218164323j:plain

SUVにありがちな本革ではなくアルカンターラとレザーを用意してくれているのもいい。正直書けば本革シートは座面が滑るので嫌いだ。快適ドライブにはいいかもしれないが、ハードに攻めたときにお尻が滑るのだけは許容できない。

 

そんなシートはさすがはフランス車、ロングドライブでも腰痛がでない。

 

納車半月で下道レーシング1000km以上を可能を実行して、ほんとうに耐えられると知った。

 

ロングドライブの成否を決めるのは燃費ではなく、ドライバーが車内でどれだけの時間耐えられるのかという要素も大きい。

 

f:id:kumawo0017:20200218164346j:plain

i-Cickpitによる抜群の運転のしやすさもいい。

 

プジョー「3008」は1日1000kmを近所と言えるような距離ガバ勢にもお勧めだ。

 

なにしろ運転席に座るたびに、よっしゃこれから500kmくらいドライブ行くかと思えるし、500kmなら軽油も半分ちょっとでいける距離なんだから時間と会社を休むという社会人としての何かが許せばいけない距離でもない。

 

f:id:kumawo0017:20200218164341j:plain

そしてパノラミックサンルーフの開放感、これのためにプジョーを選んだ。

 

ADASやCarplay対応など一通り最新の装備はついていながら500万円以下で買えるこのクラスの輸入車SUVは実はそれほど存在しないというよりかはたぶんプジョーしか存在しない。

 

装備の充実さ、メーカーOPでつけるものはファーストクラスパッケージくらいしかないというくらいに最初からありとあらゆるものが付いているし、なんなら普通はOPになるフロアマットまでグレードによっては付いている。

 

ぜひ装備を見比べてプジョーのお得感に触れて欲しい。

 

f:id:kumawo0017:20200215232448j:plain

点検後のノベルティでいただいたサーモマグとなんか(何

 

彼女のぶんまで頂いて大変恐縮でございました(´;ω;`)ブワッ

 

次は燃料フィルターの交換で入庫しますね!

 

納車10か月を経過して、なおも相棒として日々活躍してくれている「3008」、今度はどこへ行こう?

 

 

 

【静岡・清水区】河津桜、そしてプジョーが見えるサウナでととのう

f:id:kumawo0017:20200217003509j:plain

今年も安定の河津桜

2020年になっても都内で雪が降る気配はまるでないままついに河津桜の季節を迎えてしまった。

 

結局、今年はスタッドレスタイヤは不要だった。

 

オールシーズンタイヤも12月に履いてすぐに夏タイヤに戻してしまうほどの陽気。

 

スキー場などは大変だろうけど。。。

 

すっかり外は春の匂いだ。

 

今年も河津桜を見に行かないといけないね、去年は3月中旬に行った。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

今年は同じ時期にはもう散っているんじゃないか?

 

3月まで桜が待ってくれなければ、こちらからお伺いするまでだ。

続きを読む

アウトドアサウナミーティングとSKC!

f:id:kumawo0017:20200217121110j:plain

納車は2019年の4月だったけど登録が3月だった関係でぼちぼち受けておこうかと1年点検をバレンタインデーの翌日に設定。

 

特段不具合もないので基本点検と購入時につけたメンテナンスパック・ライトでできるオイル交換とアドブルー補充のみ。

www.peugeot.co.jp

いたって健康だ、まるで勝手にサウナにでも入っているかのような健康ぶりだ。

 

そういえば、ここ数週間は毎週のように試乗に行っていたけれど、行く先々で

 

「プジョーって壊れないですか?」

 

と聞かれ、国産ブランドには「フランス車よりは壊れませんよ」と言われる始末。。

 

国産は百歩譲って「そのとおり」としておこう。

 

でもな、ルノー・・・お前もフランス車だろwwwww

 

結局のところ壊れる壊れないって難しい話で、正直自分は動けばいいと思っているので細かな不具合はたぶん気づいていない。塗装が剥げてようが、へこんでようが、チリがあってなかろうが、それって何か人生に影響ありますか?と言ったら何もない。

 

それに距離を乗るのでちょい乗りが多い人よりは壊れづらいというのもあるらしい。

 

そんなわけで1年点検は大して心配もしていなかったので、ちょうどその土日に昭島のアウトドアビレッジで開催されていた「アウトドア・サウナ・ミーティング」に出向くことにした。

続きを読む

プジョー308アリュール(1.2リッター/8AT)

代車で「308」を借りる

相棒のプジョー「3008GT BlueHdi」も間もなく12か月が経過する。

 

そのため土曜日は購入店へ12か月点検に出していた。

 

当初は代車は必要ないと告げていたのだけどアウトドア・サウナ・ミーティングが昭島で開催されると知り、彼女と移動するために急遽代車を貸してくださいと1週間くらい前にお願いしたところ、登録から1年経っていない「308」の試乗車を貸してくださった。

 

プジョー「308」はステーションワゴンを以前検討したことがあった。

 

フィアット「500X」を買う前の話なので4年以上前の話で当時ディーゼルがあったかどうかは定かではないけれど、1.2Lガソリンターボエンジンに感動してぶっちゃけこれでよくね?という話もしていた。

 

が、どうも嫁さんの機嫌が悪かったのかけっきょくそのときはプジョーではなくフィアットになったのだけど、それでも「308」は自分にとってベストバイな1台だと信じてやまず、そんなこんなでまともに長時間乗れたのはつい先日の話。

 

散々サウナに使えるクルマというテーマで試乗してきた身だけど、ものの数十分程度の試乗でわかることがごくわずかで、本当なら街乗りから高速までトータルで数時間は試したい。国産車であればレンタカーがあることも多いので試せるけれど、輸入車は難しい。

 

大人の事情はあるだろうけどロングラン試乗はぜひやっていただきたいなと。

 

そんなわけでプジョー308をまじまじと確かめる時間ができたので、無理言って貸していただいたお礼?も兼ねて今更のプジョー「308」ハッチバックのインプレを。

 

都内や山道、高速道路を入れておよそ160kmのドライブだった。

続きを読む