ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

X-ADVで行くSSTR2021〜Day2(本番)〜


piyoco-craft-works.hateblo.jp

さていよいよSSTRの本番の日がやってきました。

 

10月16日、余裕を持って午前4時には起床しましたが意外と出発準備に手間取ったり、また出発直前にあまりの寒さでおなかを壊しトイレによったためかなりぎりぎりの出発となりました。

f:id:kumawo0017:20211019085509j:plain

待ってろよ、日本海!

スタート地点は高瀬川

f:id:kumawo0017:20211021112829j:image

出発は4時40分前、日の出は5時46分なので移動時間は1時間。

 

今回のスタート地点に選んだのは高瀬川の河口付近に設定しました。事前に現地の確認ができず、立ち入りができるのかわからなかったのですがGoogleMapで見るとクルマが映っているのがわかりました。

f:id:kumawo0017:20211021112141j:image

ネットで調べても釣りスポットのような感じだったので問題ないだろと思い、またここに入れなかった場合近場に予備のスポットも設定していたので保険もかけることができました。
f:id:kumawo0017:20211021112831j:image

また河口まではフラットダートは数百メートル続き、ADVらしいスタートにもなるのではないかと踏んでいましたがここを設定して正解でした。f:id:kumawo0017:20211021112834j:image

うっすらと目の前に太陽が出始めています。

f:id:kumawo0017:20211021113826j:image

ODOメーターは3196kmからのスタートとなります。

f:id:kumawo0017:20211019085516j:plain

気温は低く肌寒いのはつらいのですが、目の前に広がる太平洋にこれからの旅のワクワク感が増大します。今まで日の出を基準にスタートなんかしたことはなく、道中で日の出を見ることばかりでしたが、こういうスタートも悪くないなと思いました。

f:id:kumawo0017:20211019085512j:plain

時間は違うとはいえ、多くの参加者がこの日の出を見て一斉にゴールとなる千里浜を目指す…それはそれで大変素敵なことではないでしょうか。

f:id:kumawo0017:20211019085607j:plain

5時46分、ポイント・オブ・ノーリターン

豪雨の東北道、そして通行止め

f:id:kumawo0017:20211021113834j:image

10月16日、土曜日。今日の日の出は5時46分でした。

f:id:kumawo0017:20211021113832j:image
f:id:kumawo0017:20211021113830j:image
SSTRシステムに登録したのが5時30分でしたがスタートはしっかり46分にしています。さすがに日本北部スタートで青森は自分だけのようで、次点福島の方がいらっしゃりこの方とは新潟のPAでお会いすることができました。

f:id:kumawo0017:20211019085625j:plain

ここから900km、頑張ろうX-ADV!

 

スタートにこの場所を選んだのは近場に道の駅があること、そして高速のICまで近いことがあげられます。

f:id:kumawo0017:20211021114651p:plain

SSTRではゴールまでにSA/PA/道の駅などを寄り10ポイントを稼ぐ必要がありますが2ポイントを得られる道の駅を最初に持ってくることができるのは大きく、また絶対に寄らなければいけない指定道の駅では3ポイントを得ることができるのでそれだけで5ポイント稼げますし900km走るなら確実に3回は給油をする必要がありそのタイミングでSAでチェックすればいいだけの話。

 

というわけで記念すべきスタートをきります。

f:id:kumawo0017:20211021125425j:image
f:id:kumawo0017:20211021125423j:image
f:id:kumawo0017:20211021125417j:image
f:id:kumawo0017:20211021125420j:image

道の駅までは10分足らず、5時台なので一般車は少なくトラックばかりですが交通量が少ないであろう道を予め検討つけていたので予定通りすいすいと進めます。

f:id:kumawo0017:20211019085602j:plain

道の駅みさわから高速道の入口までも極力交通量が少なく信号も少ない道を選びますが、言い方はあれですが田舎をスタート地点にすれば早い時間帯ということもあり交通量も少なくロスタイムは最小限となります。これを関東地方で犬吠埼などに設定すると信号やそもそも高速道は土曜の朝からも大渋滞し関東を抜け出すだけでかなりのロスが発生します。マージンは前半で稼ぎたい。

f:id:kumawo0017:20211019085426j:plain

八戸から高速に乗ると早くも雨が降り出します。スクリーンを最高位置まであげても雨風をそこまで回避できるわけでもなくないよりはマシですがかなり濡れます。ただワークマンのパンツもAmazonで買ったジャケットもまったく問題ありません。気温は一桁ですが防寒性能と一番どうしようもない手もウィンターグローブとグリップヒーターMAXで問題ありません。

 

今回の一番助けられたのはグリップヒーター、今まで付いている車両に乗ったことはありませんが次買う車両も絶対に付けるでしょう。

f:id:kumawo0017:20211021130622j:plain

とここでODOがゾロ目になりました、納車3週間でこれだけの距離を走らされるかわいそうな子。

 

八戸道から東北道に合流する頃には雨風は勢いを増し、南下するに伴い台風のような天気になってきます。

 

多くのライダーが1度は思うことだと思いますがこういう悪天候で走っていると「なにやってんだろう」とか「もういっそ死んだ方が楽じゃないか」とかかなりネガティブ思考に陥りますが、それもある種バイクの醍醐味で生きていることを実感します。

 

隣に並ぶ四輪車のドライバーと目が合うとすごい哀れみの視線を浮かべているのはわかります、そうです、自分だって今、屋根と暖房が欲しい。
f:id:kumawo0017:20211021130637j:image

当たり前のことですが900kmを11時間で走るというのは楽なことではありません。

 

距離的には自分も大した距離ではないと思います、ただくどいようですが制限時間があれば話は別で11時間半で900kmを走るは「時速100km/hで9時間でいけるじゃん余裕」ではないということです。

 

下道だってあるし給油やトイレでロスをすれば平均車速は低下します。f:id:kumawo0017:20211021130616j:image

雨風でペースが上げられないこともある中、それでもスロットルを開け続けねばならない。どんなに気温が下がっても暖かい珈琲を飲んで休憩しようなんてことはできない。不測の事態を想定し稼げるうちにマージンを稼がなければいけないというプレッシャーは相当なものです。決してこれは楽なものではなありません。

 

そして不測の事態は訪れます。

 

今回絶対に寄らなければいけない指定道の駅は宮城県にある「むらた」にしました。

muratamachi.info

SSTRには完走条件のひとつに指定道の駅に寄ることとあり、今回東北スタートを選んだ理由のひとつにこの村田の存在がありました。

f:id:kumawo0017:20211021131530p:plain

他の指定道の駅は高速道から離れた場所に位置していることが多いですが、その中でも村田は東北道のICのすぐ横なので数分の移動でチェックインが可能だったのです。

 

が、この雨で悲劇は起こります。

 

スマホナビは延々村田ICまでを案内しますが高速の電光掲示板には「事故 仙台南ー村田JCTまで通行止」と表示があるのです。仙台南がどこかはわかりませんでしたが村田の手前…なんとこの豪雨の中で高速道を下ろされることとなったのです。

f:id:kumawo0017:20211021130632j:plain

走っていればそこまで濡れないというのはあるのですが、停車すると靴が水没するわけです。まだ幸いだったことは仙台南から村田という1区間の通行止めであったこと、これがさらに長距離であったらSSTRは違う結果で終わった可能性があります。

f:id:kumawo0017:20211021130625j:image

装備は完全に水没しましたが村田でチェックイン、そのまま再び東北道に合流しペースを今まで以上に上げなければいけませんがX-ADVの雨と高速道路の相性は抜群でどれほどペースをあげても恐怖感というものはまるでありません。とりあえず磐越道まで走ろう!あと200kmも走れば新潟だ。

 

時間は11時前、いいペースで進行していました。

晴れの日本海

f:id:kumawo0017:20211021130628j:image

磐越道に入り会津のあたりまでくると太陽が出てきました。

 

燃料に余裕はありましたが磐越道は磐梯山を過ぎると新潟の黒崎まで給油ポイントが存在しません。試験的に新津ICでは高速を降りて給油ができたはずで、新津ICも出口にエネオスだったかがあった気がするのでそこまで引っ張ることはできましたが早めに給油を行いました。f:id:kumawo0017:20211021130619j:image

雨と高速という組み合わせで燃費は22km/Lまで落ち込みます、これだけでも相当なペースで走っていることが伺えるはず。

 

快晴なのでここで一気にペースをあげて通行止めで失ったマージンを取り戻します。

f:id:kumawo0017:20211021132708j:image

いよいよ日本海側、この時点での到着時刻は日没の30分前!f:id:kumawo0017:20211021130640j:image

関越道を進むと目の前には太陽が。

f:id:kumawo0017:20211021132849p:plain

こうなるとテンションは最高潮ですね、勝てる、太陽に勝てる。

 

今は晴れていますが目的地の千里浜周辺は16時から雨予報なのです。

 

なんということ、16日組は歓迎されていないのだろうか(´;ω;`)

f:id:kumawo0017:20211021134948j:image

新潟に来てはじめてSSTRの参加者に出会うことができました。先ほどに書いた福島スタートの方々のようでした。孤独なラリーではありましたが、やはり参加者に出会えると嬉しいものでもうゴールがすぐそこに迫っているので余裕もあり互いの健闘を称えるように短い会話を楽しみました。まったく知らない、まったくジャンルも違うものに乗りながら、すぐに打ち解けることができるのは二輪車の醍醐味のひとつでもありますがSSTRという共通のイベント、また悪天候の東北地方を抜けてきた同士として「おつかれさまでした」と言えるのが素晴らしいのです。f:id:kumawo0017:20211021134951j:image

ADVもほぼ連続走行、おつかれさま。

 

もうゴールはすぐそこだ。

f:id:kumawo0017:20211021132838j:plain

金沢に入るとそれまでの快晴は曇天へと変わり、日本海沿いになると波しぶきだか雨だかわからないような水滴が舞い、そして横殴りの風…これが日本海側、石川県の通常だといえばそれまでなんですがこの天気で千里浜とか入れないだろうと思っていました。

f:id:kumawo0017:20211021132845j:plain

波が高いと渚ドライブウェイは通行止めになることが多いのです。

f:id:kumawo0017:20211021132834j:plain

とはいえゴールはすぐそこ、ラストスパート!というほどには疲れていないし、どちらかといえばもう終わっちゃうのか…走り足りないなぁという気持ちの方が強かった。

f:id:kumawo0017:20211021132856j:plain

そして16時半、無事完走!

ゴールが1番つらかったSSTR

f:id:kumawo0017:20211021132840j:plain

波は高く浜を走るコンディションとしてはかなり悪いほうでした。

f:id:kumawo0017:20211021132843j:plain

写真を撮り終えてゴール地点へ向かいます。
f:id:kumawo0017:20211021140253j:image
直後、いきなり雨が降り出しました。

f:id:kumawo0017:20211021140255j:plain

また路面のコンディションも悪く、砂でハンドルを取られて何度か転倒しかけるような場面も(´;ω;`) 一応アドベンチャーもいけるX-ADVでこれなのでレーサーとかはかなりしんどかったろうなと思います。

f:id:kumawo0017:20211021140258j:plain

立っている人やすれ違うクルマから手を振ってくれる人がいて、それには感動しましたがとにかく無事にゴールゲートをくぐることだけに意識した最後の数kmでした。そしてゴール直後に目の前で転倒された方がいて、ゴールしてからも気を抜けない!とドキドキでした。とにかく前が見えない、シールドをあげると眼鏡は水没するしここまで長距離を走ってきた多くのライダーはこのゴールが一番つらかったのではないかと思います。

f:id:kumawo0017:20211021142823j:image

駐輪場からゴール受付の浜までも豪雨の中を歩きます、傘…持ってない(´;ω;`)

 

もう完全に水没で、感動もなにもありませんでしたwとにかく早くホテルにチェックインしたいの一心。そして最後の最後で案内された駐輪場所に傾斜がついておりアスファルトもすべりバイクを押して出せず、目の前の砂利道を「これがX-ADVや!」と無理やり走りながら出したのは秘密でもなんでもありませんがかなりやられました。

 

最後はもうびしょぬれなのでグローブもせずホテルまで走りました。

f:id:kumawo0017:20211021142835j:plain

普段飲まないんですけど同じ宿にはSSTR参加者の方も多く泊まっておりしばし酔いながらお話をさせていただきました。

 

SSTRは結果940kmの走行となりました。

f:id:kumawo0017:20211021142831p:plain

後半はかなりの余裕がありSA/PAに止まりまくるみたいなことをやってましたが、ただ前半でマージンを作り後半の余裕で距離を稼ぐとかポイントを稼ぐみたいなやり方でないとだめですし、実際余裕があったとはいえ日没まで1時間を切っています。東北道の通行止めがなければ1000kmアタックもできたかもしれませんが、10月の日照時間では1000kmが関の山でしょう。

 

そういえば一日インゼリーしか食べていなかった…

f:id:kumawo0017:20211021142827j:plain

ここでやっとまともなものにありつけましたね、このボリュームでも食べるのがやっとな胃袋サイズなのでぶっちゃけインゼリーでも十分なのですが海のものを食べておかないとなんかもったいないですしね。。

 

というわけで暖かいお風呂につかり身体をゆっくり休めます。

 

明日も雨…うーん微妙w