ぴよこ☆くらふと☆わ〜くすVersion令和

PEUGEOT3008と車中泊とサウナが好き。

そうだ、青森へ行こう2

前回までのお話

piyoco-craft-works.hateblo.jp

 

青森まで強行軍した中の人、目覚めるとそこは暴風域に入った東北だった・・・。

f:id:kumawo0017:20191016152610j:plain

青森のパーキングで4時間ほど睡眠をとってから帰路につく。

 

快晴であれば恐山経由も考えたけど、この時点で暴風で車が揺らされて目が覚めるほどだったし、ナビを見ても戻りに16時間くらいかかることを考えるとどこもよらずに帰るのが得策だろうとの判断、無茶旅ではあるものの引き際は心得るお年頃。

 

台風は徐々に北東へ向かうコース・・・。

 

東京へ戻る道は台風に向かって進む進路。

 

なんで青森を選んだんだお前は・・・そんな突っ込みを華麗に無視して都内を目指す。

暴風雨の中で真価を発揮するプジョー

f:id:kumawo0017:20191016181906j:image

昨日とは比べ物にならない雨と風、前は見えないし、道路は落ち葉と川のような水量でまっすぐ走ることすらなかなか難しいシチュエーション。

 

トラックは60km/h制限も30km/hくらいで走る、横風で煽られて横転しそうでもある。

 

おとなしく道を譲ってくれればいいのだけど、絶対に譲らない。

 

東北二日目にして、東北の人はなぜ道を譲らないのだろうと思うくらいに譲ってくれない。やっぱり道を譲ると死ぬ呪いか何かにかけられているんだと思う。

 

悪コンディションでの追い抜きはこちらにもリスクがある。

 

帰りも500km以上あるんだから、のんびり走っていたら日付が変わる。

 

FWDのプジョー3008でどこまでいけるのか、はじめての悪コンデイションに挑む。

f:id:kumawo0017:20190813095019j:plain

19インチの245サイズはノーマルに比べれば雨に弱い。

 

オールシーズンで225サイズのほうが排水性もいいし、面圧もかかるので安心感はあるはずだけど、GYのこのタイヤと19インチ45偏平は雨も得意らしい。

 

ステアリングは右へ、左へ取られる状況でもきちんとグリップする。

タイヤのグリップ以上のことはできない、だから過信はしない。

 

FWDだからフロントのトラクションが抜けたら終わる。

 

その点ではAWDを2台乗り継いできた自分は不安に思っていたが、3008はブレーキ制御できちんと曲げるし、暴風雨のワインディングでも最後まで安心感のある走りができた。

 

砂浜では全然グリップしないタイヤだけど、こういうところは強い。

 

 

コンディションは最悪だったけれど3008の安全性を垣間見れてよかったとは思う。

 

途中は倒木で道がふさがっていたり・・・。

f:id:kumawo0017:20191016181923j:image

さすがにハイペースで悪天候を走ったことや、あまりの雨風でドライブに危機を感じたので風除けできるスペースで一時間ほど待機しましたが、風をよけているとはいえ車の揺れは横転するんじゃないかってくらいだったし、少し離れた場所にあったワゴンRは横転しかけてた。。。

 

これが各地に被害をもらたらした超大型台風なのか・・・。

 

朝になるとそよ風くらいに落ち着いており、窓を開ければ快適。

f:id:kumawo0017:20191016181951j:image

川の増水や、より南の福島あたりは川が氾濫したりなどあったようですが仙台より50kmほど北はそれほどの被害はないようには見えた。
f:id:kumawo0017:20191016181955j:image

仙台に南下するルートは経験もあるし、朝風呂を浴びたかったので進路を西へ。

 

鳴子温泉方面。

f:id:kumawo0017:20191016182112j:image

路面は台風後でぐちゃぐちゃ

f:id:kumawo0017:20191013091302j:plain

 

当然車体もすごいことになっている。
f:id:kumawo0017:20191016182133j:image

 

ホイールのカラーをホワイトにしなくて正解だった。
f:id:kumawo0017:20191016182055j:image

暴風雨の中で給油とかしていたので服もジーンズも水没。

 

パノラミックルーフはこういうときに便利(ぉ
f:id:kumawo0017:20191016182123j:image

車中泊に使われたり、やたら生活感が強い3008だと思う。

 

せっかくなので鳴子ダムへ。
f:id:kumawo0017:20191016182100j:image

大雨の影響でダムには近づけないけど、とりあえず。
f:id:kumawo0017:20191016182120j:image

土木遺産だね。
f:id:kumawo0017:20191016182108j:image
f:id:kumawo0017:20191016182129j:image

放流したのか、そこまで水がバイヤーって感じでもなかった。
f:id:kumawo0017:20191016182105j:image

 

川はどこも濁ってひどかったけど。
f:id:kumawo0017:20191016182116j:image

 

やってきたのは鬼首温泉。f:id:kumawo0017:20191013095136j:plain

 

滝風呂で有名な宿。
f:id:kumawo0017:20191016182050j:image

露天風呂は混浴だけど朝10時のオープンを狙ったので誰もいない、悠々自適。

 

肝心の滝ぶろは大雨の影響で使えない。自然のものなので、仕方ないね。

 

でも露天風呂は気持ちよかったし、泊まってみたいなぁと思った今日このごろ。

 

しかし・・・きたネェなぁ車wwww

f:id:kumawo0017:20191019221048j:plain

 

 そのまま山形へ抜けるルートで。昼食は原口蕎麦。

f:id:kumawo0017:20191013122412j:plain

 

以前にもそばがきを食べに来たことがあるね。

piyoco-craft-works.hateblo.jp

 

このおばあちゃん家に来た感はすごい。

f:id:kumawo0017:20191013122533j:plain

 

大盛りの蕎麦を食べて

f:id:kumawo0017:20191013123007j:plain

 

出発。

 

山形まできて、はじめて台風の被害の大きさを知る。

f:id:kumawo0017:20191013130634j:plain

水没した地帯が見えた。

 

川からも近い位置ではなかったと思うけど、水が溜まりやすい場所だったのかも。

f:id:kumawo0017:20191013130738j:plain

呆然と道路に座り込む人が多々、消防なども来てました。

f:id:kumawo0017:20191013131504j:plain

 

山形から福島に抜ける過程で峠駅に寄ってみよう。

f:id:kumawo0017:20191013140104j:plain

秋田、北海道と来たから最後は山形だ。

 

500Xできたときよりも車幅が増えたぶん、途中の道が辛い。

f:id:kumawo0017:20191013140934j:plain

峠駅に到着したけど、この日の山形新幹線は運休。というより東北新幹線が全滅。

 

f:id:kumawo0017:20191013141449j:plain

今回の台風は関東よりも長野や東北などがくらった気がする。

 

福島に抜けて磐梯吾妻スカイラインを通ろうとしたけど、ここも通行止め。

 

仕方なく山道を通るルートで帰路へ。

 

このあたりで更に車はひどくなるw

f:id:kumawo0017:20191013155724j:plain

帰ったら雨でもなんでも洗車だな。。。

 

山の中にある温泉。

f:id:kumawo0017:20191013160011j:plain

このあたりまで来ると標高の高さもあるけど空気が冬。

 

タービンもいい具合に回る。

 

f:id:kumawo0017:20191013160033j:plain

すごい音と煙だった。

 

f:id:kumawo0017:20191013165459j:plain

帰りは少しだけ高速を。先程までいた山がきれいに見える。

 

夜の高速をひた走る。

f:id:kumawo0017:20191013180302j:plain

台風の影響もあって通行止めなどもあったので、車数は連休とはいえ少ない。

 

f:id:kumawo0017:20191013182906j:plain

途中から下道へ。

 

新4号を帰りも快走。

 

f:id:kumawo0017:20191013213222j:plain

21時半には帰宅。4時間くらい休憩を挟んだので実質14時間くらいで帰宅。

 

東北が半端ないのはこれだけ走ってもハイタッチは3回。。。

 

翌日はちゃんと洗車。

f:id:kumawo0017:20191014093643j:plain

f:id:kumawo0017:20191014095036j:plain

f:id:kumawo0017:20191014095041j:plain

f:id:kumawo0017:20191014095127j:plain

ホイールがアッシュドチタンなので汚れが目立たないのは救い。砂に塗れても「こんなカラーだったかもしれない」と思える。

 

今回は天候にも恵まれずな道中だったし、あまり行かない東北を攻めたけど、東北はかなり楽しい、見どころがあるね。

 

一週間くらい車中泊で回れるなら、最高かもしれない。

 

経験のない道を経験でき、北海道までも簡単に行けそうだという実感は持てたので次は自走で北海道をやってみてもいいかもしれないね、真冬はタイヤがないから辛いけど。