ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

PEUGEOT3008のある生活

DS3クロスバックを見に二子玉へ行ってきた★

f:id:kumawo0017:20190805095635j:image

土曜日は二子玉ライズの蔦屋家電でDS3クロスバックが展示されているので見学へ。

 

f:id:kumawo0017:20190803235819j:image

二子玉は十数年ぶりじゃないかなぁ...友達のセフレの家が二子玉で呑んだくれたあとに泊めてもらったのが最初で最期(なんじゃそりゃ)

 

蔦屋架電のどこにあるかわからず、かなり探しました。。。

f:id:kumawo0017:20190803235930j:image

DS3クロスバック!

 

圧倒的におしゃなコンパクトSUVですね、、、

f:id:kumawo0017:20190804000030j:image外観だけで買う価値あり!

 

ついにこのクラスでも8ATが搭載されましたね。

f:id:kumawo0017:20190804000235j:image

1.2Lの3気筒ターボ+8ATと新型プラットフォームは次期プジョー208、2008でも使われるものだそうです。

 

事前予約していませんでしたが、余裕で試乗させていただくことができました。

f:id:kumawo0017:20190804000333j:image

広報車かな?

 

もっと予約でいっぱい!を想像していましたが、DSブランド自体が謎だし、市場受付が判りづらいのでそんなにみんな乗らなかったんじゃなかろうかとw

 

乗り始めは、3008からだと車体の軽さが際立ちます。

f:id:kumawo0017:20190804001637j:image

エンジンは1.2Lターボで130馬力ですが、1300kg未満の軽量な車体には不足はありません。8ATも街乗りだと6速くらいまでしか使いませんが、十分なトルクと多段化されたミッションがエンジンの美味しいところを使えているようで巡行してしまえば静かですし、排気量に対する不満は街乗り程度では出ません。もちろん、大人5人が乗って高速道路を1000km走るような罰ゲームに近いことを行えば話は別でしょうけれど。

 

次期208シリーズにも使われる新世代プラットフォームは現行208よりも堅牢な印象で、よりドイツ車的な味を深めてきたと思います。ペダルレイアウトが3008よりもずいぶん自然になったなと、そんな印象も受けました。まだ馴染んでいないサスペンションが堅く、多摩川沿いの道では跳ねる感覚が強かったですが、1000km程度しか走っていないので仕方ありません。3008も5000kmを超えたあたりから印象がだいぶ変わりました。フランス車の足はそういうものなのでしょう。なのでDS3Cもきっとこれから足が馴染んで、フラットな乗り味を出せると思います。

 

 

小さな高級車としてのDS

f:id:kumawo0017:20190804001340j:plain

DSのインテリアデザインは使いやすさよりも、THEdesignです。直感的にわかるとか、見やすいとか、そういうのは二の次で、とにかくデザインのためのデザイン。これがDSなんだと訴えかけるところは、ほかのどのブランドも真似できない唯一無二と感じました。このデザインを日本車でやると「直感的に使えない」とか散々なレビューになりそうですが、そこはマイナーなブランドであり、フランス車であるDS・・・オーナーになれば慣れる、その通りなのです。

 

プジョー・シトロエンのコックピットデザインは秀逸です。プジョーが現世代ではじめたi-Cockpitも最初は違和感しかないものでしたが、慣れてしまうとこれが非常に使いやすい。ステアリングの上にメータが来るとか・・・そんなレビューもオーナーになると「これじゃないと見づらい」とさえ感じます。

 

f:id:kumawo0017:20190719182749j:plain

DS3が久々に乗る3008とは違う普通車でしたが、メータの位置が見づらくて仕方ない。ステアリングからメータを覗くという当たり前の行為は、プジョー3008のせいで当たり前ではなくなりました。

f:id:kumawo0017:20190806111115p:plain

https://www.dsautomobiles.jp/ds-models/ds-3-crossback/interior/

DS3Cの試乗車に付いているヘッドアップディスプレイですが、液晶が大きすぎてシートポジションを一番下まで下げると前方視界のほとんどを透明な板に占拠されてしまいました。メータの表示も細かいので目が悪い人には見づらいかなと思います。でも、そんなところもDSだからと許せてしまう魅力があります。

 

 

もちろん実用性も十分に確保されています。

f:id:kumawo0017:20190806111955p:plain

https://www.dsautomobiles.jp/ds-models/ds-3-crossback/specification/

コンパクトSUVとしては平均的な居住空間とラゲッジスペースを持っています。前席2名乗車で長距離のドライブは全然余裕だと思います。大人数で乗るのであればそもそもこのクラスは選ばないと思いますし、DSブランドならばこの上にDS7が待っていますのでそちらはプジョーでいう3008サイズになるのでそちらのほうが快適です。印象としては都市部で暮らす妙齢の夫婦に似合う車かもしれません。 

 

ブランドとしてのDS

f:id:kumawo0017:20190804075705j:plain

なぜ妙齢の夫婦と書いたかと言えば、金額的にもそれなりだからです。輸入車SUVとしてみれば最高級モデルで400万円はバカに高いというものではないでしょう。ただ、ブランドとしてのDSがマイナーすぎる上、ディーラーも全国で30拠点しかありませんから認知度は恐ろしく低いはずで、もともとシトロエンでありDSを知っている層には売れても、メジャーにはなりえません。まぁそこがいいんですけどね。

 

そんなブランドの車を400万円で買うのか?と言われると、よほどの好き者でなければ手出しはしないでしょう。

 

次期208に期待

f:id:kumawo0017:20190805093831p:plain

だからこそというわけではないですが、次期208に期待しています。現行の208から新型208になったとき、この走りの良さと新世代のインテリアが取り入れられ、プジョーなのでDSよりも当然リーズナブルな価格設定で出てくるとなれば売れない理由を探す方が大変かもしれません。

f:id:kumawo0017:20190806112909p:plain

好き嫌いは当然あるでしょうけども、実用性の面では新世代のレイアウトは確実に現行を上回るでしょう。良くも悪くも現行の208と308はフランス車としてのフランス車です。ドリンクホルダの使い勝手なども現行3008シリーズからグローバルに使える実用性を持ちましたが、ほかの車種は1世代前を強く感じるものでした。

 

 

もちろん現行車種もそれなりに売れているので、これが次期モデルに置き換わったとき、より日本市場で売れるのは目に見えます。

 

あとはディーラーとしてのプジョーが、顧客満足度を高めていけるかだと思いますね。

 

試乗記念でキーリングを頂きました。

 

f:id:kumawo0017:20190804073106j:image

別途アンケートにもこたえてミニカーもGETです。

f:id:kumawo0017:20190804073411j:image

 

デートついでに行った試乗、パートナーを待たせている間も暇を潰せる蔦屋家電。

store.tsite.jp

待ち時間でセルフネイルバーでネイルを受けて待ってもらいました。 

f:id:kumawo0017:20190804073221j:image

期間限定でコウペンちゃんやってました。

f:id:kumawo0017:20190804073313j:image
f:id:kumawo0017:20190804073318j:image

どれも可愛いですね(*≧∀≦*)

f:id:kumawo0017:20190804073352j:image

他にも雑誌が読めたりするので待っている人も退屈はしないでしょう。ショッピングモールとかではよくやりますが、DSはブランドを考えるとこの蔦屋家電みたいな場所はぴったりだと思います。

f:id:kumawo0017:20190804075109j:image

夕方には多少涼しくなったので外でまったり。

 

そういえば・・・。

f:id:kumawo0017:20190804075159j:image

サバカレー懐かしい!

信田缶詰 サバカレー 190g×3個

信田缶詰 サバカレー 190g×3個

 

サバカレーといえばドラマ「コーチ」ですよね。

田園

田園

 

玉置浩二の田園はかなり売れたそうです。これは圧倒的に名曲!

 

めちゃくちゃ興奮したのに、パートナーはコーチを知らなかった。。。

 

自分は学生でしたが、彼女は当時4歳ですからね、、、ジェネレーションギャップをこんなところで感じるとは・・・そんな土曜日でした。

 

Newニンテンドー3DS LL メタリックブルー

Newニンテンドー3DS LL メタリックブルー