ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

PEUGEOT3008のある生活

3008で車中泊を検討してみる。

f:id:kumawo0017:20190413143755j:plain

外観のサイズは500Xよりも大幅にUPした3008。

 

ラゲッジだって当然広くなっているのだけど500Xは2列目を倒した状態で奥行き1510mmで幅は980mm程度(計測位置により誤差あり)。

 

3008も二列目を倒した状態で計ってみると実寸で奥行き1730mmで幅は1050mm。

 

GWに考えている車中泊は大人2名+幼児1名。

 

マットだけでも買ってみようとさっそくAmazonで注文。

届いたので敷いてみる。

f:id:kumawo0017:20190421121048j:image

長さ方向は1730mmに対してエアマットが1830mmと100mm長いのではみ出るが許容範囲。幅は2枚並べるとちょうどよかった。

 

後部座席を倒した上に座ると大人は頭上方向に余裕がない。全高1630mmとそもそもがそこまで高くないし、もともと頭上方向に余裕がある車ではなかったが、背もたれも分厚いのでそれなりに余裕がなくなる。パノラミックサンルーフ搭載車は若干室内で頭上の余裕がなくなるという話も聞いたことはあるけれど致し方ない。

 

くつろぐときはフロントシートが快適だからそちらで。

f:id:kumawo0017:20190414084805j:plain

横になりたいときだけ後ろに移動すればいい。

 

問題は椅子を倒した状態でどこまで荷物を積めるのか?ということだけど二列目床にうまいこと置けば大人三人なんてそこまで大荷物ではないから平気だ。チャイルドシートが不要になった分どうとでもなる。

 

窓に貼り付けるサンシェードとフロントウィンドウのシェードも準備。

安くはないけどこんなものも注文したので届くのが楽しみだ。

 

リアウィンドウも幸いにしてそこまで巨大ではないからダイソーで遮光カーテンの素材を買ってくれば適当につけられそう。

f:id:kumawo0017:20190421121141j:image

横になってみると当然に狭いが寝れないというほどじゃない。4歳の息子がどこまで耐えてくれるかという話もあるけれど、こういう旅も経験させたい年頃だ。ぼくはそもそも宿泊施設にお金をかける気がさらさらない。出張でも宿泊費は15000円出るから高いところを予約するのが文化みたいな会社にいながら一泊3000円の宿を探してしまうほどだし、車で現地まで行くことが許されていたら車中泊でいい。どうせ寝るだけのところにクオリティは求めない。旅行ならなおさらだ。

 

移動したいときに移動できる、チェックインもアウトも気にしない。

 

顔が洗いたければ温泉に行けばいい、朝風呂は最高だ。

 

気が付けばもうGW。。。初日から某県に出張とかいう悲劇はあるものの、車中泊での旅を楽しみに生きていこうと思う今日この頃。

道の駅ハイパーガイドブック 2019-2020 (ドライバー2019年6月号増刊)

道の駅ハイパーガイドブック 2019-2020 (ドライバー2019年6月号増刊)