ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

FIAT500Xとハヤブサ、時々家族を愛でるおっさんのごった煮ブログ。

2.5歳児を黙らせるYoutube音楽シリーズ

魔の2歳児で朝の保育園送迎もままならない今日このごろ。

皆様如何お過ごしでしょうかッ!

f:id:kumawo0017:20161217000230p:plain

保育園送迎どころか、着替えすらそもそもままならない。

すべてにおいて「いや」を連発する、この魔の二歳児イヤイヤ期を迎えた現在、時間があれば息子の主張を聞いて待つということもできますが、朝の時間帯にそれをやると毎日遅刻します。

イヤイヤ期Baby-mo―1才半2才3才 この反抗期、どう乗り切る? (主婦の友生活シリーズ)

イヤイヤ期Baby-mo―1才半2才3才 この反抗期、どう乗り切る? (主婦の友生活シリーズ)

 

色々とイヤイヤ期対策を学んでいく中で、もうどうしようもなければYoutubeに頼るしか無いという結論に至り、とにかくぐずった時はYoutubeだ!という精神。

すべての子には絶対当てはまらいであろう、うちの2.5歳男児が黙るというか喜ぶYoutubeシリーズをメモ書いとくのが今日のお話。

多分、大多数には全く参考にならない(きりっ

PPAP

www.youtube.com

いきなりきた、今話題のコレ

www.j-cast.com

会社でもおそらく忘年会か新年会で1人か2人はやらされるであろうこれ、我が家でもこの1分ほどの曲がヘビロテしておりこれもまたピコハラなのだと思っている。

息子はそもそもピコ太郎が好きらしい。というか、1歳くらいのときからこういう系のおっさんが大好きで、電車でヤの字なお仕事の男性を見るとめっちゃ笑顔で抱っこを求めに行く子だったので多分めっちゃピコ太郎も好みの男性のタイプなのだ。

www.youtube.com

ネオ・サングラスも好きで、これが流れるとパパに「メガネ!」と言ってマネしろと命じてくる。これこそピコハラだと思う。

 

ヒューマンビートボックスの人。

www.youtube.com

このリズムにあわせて踊る。

めっちゃ踊る。

うちの会社にはビートボクサーがいて、余興ではじめて見た時はそりゃ感動した。

だけど2.5歳児がこれでリズムとって踊りだすのは割りとどうかと思う。

ピコ太郎が好きだったり、ヒューマンビートボックスでノリノリだったり、我が息子ながら将来が心配である。息子の将来の心配より、テメーの明日の人生を心配しろとよく言われますが気にしない。

 

ぼくは牛乳

www.youtube.com

何が面白いのかまったくわからないけど流れると大笑いする。

「しろいぎゅーにゅー!」と言い出したらこの動画です。

なんど見ても面白さがわからないけど、とにかく爆笑したいときは彼の中でこれらしい。

 

You'll Be Mine

www.youtube.com

ハヴァナ・ブラウンが好きらしい。

You’ll Be Mine [feat. R3hab]

You’ll Be Mine [feat. R3hab]

 

なんだかもうよくわからない。

これを流すと手をぱちぱち叩いてニコニコする。

なんとなく最近気づいたのは邦楽よりも洋楽が好きってことだ。

アンパンマンなんかを流してもまったく喜ばない。というか、アンパンマン自体、見るけどあんま好きではないらしい。

専らアニメーションといえばカーズらしい。

ディズニー カーズ トミカ C-12 ルイジ

ディズニー カーズ トミカ C-12 ルイジ

 

ルイジをチンク!と言って反応しているし、やっぱ車がすきなのだ。

とにもかくにも朝からカーズを見せると今度が家から出たくなくなるのでやっぱり朝はさくっと済む音楽シリーズを流すに限ります。

子供によって当然好きな曲は違うんだろうけど、色々聞かせてみると露骨に反応するものとしないものがわかり、大人の勝手なイメージで「子供はアンパンマンの歌でも聞かせとけばいい」というものでもないことがわかります。

小さくても、ひとりの人間であることには変わりなく、それなりに個性があるということです。面白いですね、大変だけど。