ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

FIAT500Xとハヤブサ、時々家族を愛でるおっさんのごった煮ブログ。

ターンパイク事故の24時間前、桜並木。

headlines.yahoo.co.jp

事故現場が前日に写真撮ってた場所だった罠。。

f:id:kumawo0017:20160410145309j:plain

f:id:kumawo0017:20160410145448j:plain

撮影時刻が15時頃なので事故の24時間前くらいですね。

このときはガードレールもピンピン(日本語おかしい)してましたね(遠い目f:id:kumawo0017:20160412221527p:plain

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160412-00000013-jnn-soci

50の標識が今となっては虚しいですね。。

f:id:kumawo0017:20160410145352j:plain

日が違えば巻き添えを食らって崖から落ちたの自分だ、お前◯ね。状態とはこういうことを言うんだろうなぁ…

左側面から立ち木に突っ込んで思いの外酷い状態だった。

f:id:kumawo0017:20160412222043p:plain

スーパー7とかそれ系のクルマにしか見えない屋根のなさっぷり。

トラックにでも踏まれたんですかね…なんとなくポルシェじゃなくってFIATの124スパイダーに見えるけど熱いFIATの風評被害なのでこれ以上は書かないで起きましょう。

イタ車じゃない、これはドイツ車だ。

下りでこんなふうになる速度を出すって狂気ですね。

MRもRRも、下りでテールが流れて抑えきれるドライバーは早々居ないだろうし、速度が乗れば慣性も強くなるし、電子制御があろうとタイヤの限界を超えたらなにもできないのであっという間の出来事ですね。

ほんとこれ対向車いなくてよかったね。

桜の季節でターンパイクがいいシーズン。湘南ビューのあたりは見ての通り桜のトンネルを拝める場所でぼくのように事故現場手前の退避スペースにクルマを止める人も多いですが、ぼくだって日が違っていればこんなことのんきに書いていられなかった。さすがに生身でクルマがすっ飛んできてぶつかったら即死だろうなぁ…嫁さんに内緒で箱根行ったことがバレたら殺されるわ!

いや、死んでるだろうからどうでもいいのか…orz生きても死んでも地獄だなぁ…

f:id:kumawo0017:20160410145319j:plain

仕事で試乗中ってことは、ドラレコか、Goproのようなもので車載動画かボイスレコーダとかで録音していたかもしれないし、そこで真相が明らかになるかもしれない。ブレーキ故障とかであればまだ救いはあるけど、1評論家の暴走であったらAJAJは立場ないですね。伏木さんのことをどうこう言っている場合じゃない。

誰もこんな快走路で制限速度は守らない。安全運転しようなんてのはキレイ事なんですけど、けれど大事故を起こさない程度に走ることは最低限必要なこと。

既に4週くらい連続でターンパイクに行っているけど、いつ言っても今回のポルシェほどじゃないにしろ暴走車は居ます。

彼ら彼女らが事故らないのは単純に運がいいだけで、自分が死ぬならいいけれど、他人を巻き込む事故はやっちゃいけない。

ここはサーキットじゃないんだし、評価したいならサーキットにいけばいい。

一般人がいる時間帯にルール違反のドライブは万死に値する…

レーサーがサーキットで事故死するならそれは名誉の戦死だけど、評論家が公道で暴走して死ぬのは書いちゃ悪いけどただのバカ。過去の執筆内容や評論内容がいくら素晴らしくても最後がこれじゃ全部台無しです。

クルマは楽しい物だけど、同時に危険なものだって誰もが理解しているはず。

アンコントローラブルな状態に持って行ったらそれは基地外に刃物。

ドライバーではなく、それはもう立派な凶器を持った犯罪者

誰もがそうはなりたくないし、同時に被害者にだってなりたくない。

課外活動で自動車をやっているけれど、後輩が入るたびにいうことは「速く走るプロよりも譲るプロになれ」。自分も巻き込まれない上手な道の譲り方で生存権を確保することが本当に上手いドライバーだという持論があります。

一発早くても事故死して、大切な家族に会えなくなったらそれはもう意味が無いと思ってます。

これが仕事の評論家であれば、どんないい評論を残せても最後がこれでは最低だ。

反面教師とすればいいけれど、どうせ事故の翌日でもターンパイクを爆走する人はいたんだろうし、一時的に静かになってもまたそういうことは増えます。

自分たちが安全に走ることはもちろんだけど、くだらない事故に巻き込まれないように周囲を意識して走る。

どうぞくれぐれもご安全に。