ぴよこ☆くらふと☆わ〜くす。

FIAT500Xとハヤブサ、時々家族を愛でるおっさんのごった煮ブログ。

ひよこは愛されるべき存在。ぴよりーな巨大ぬいぐるみをGETする。

先日伊豆に行った時に知ったひよこのおかげさんのサイト。

www.hiyokono-okage.jp

ホームページ開設記念のぬいぐるみが500個限定で昨年販売されていた!!

f:id:kumawo0017:20160304133848j:plain

これは買わねば!!ってか買えるのか!?と大慌てで申し込みますた。

フォームで申し込むと

f:id:kumawo0017:20160313225237p:plain

ひよこ管理人さんからメールが来て、入金を済ますと普通に買えました!!

 

まだ売っている!!という反面、「そこまで売れないのかorz..」と悲しい気持ちになったけど気にしない。ひよこを見つけたら救わなきゃいけないというのがぼくの使命ですから、お金が続く限り、ひよこを見つける限り買いますよ!!

 

と、よくみないで買ったのでサイズとか気にしなかったんだけど…

f:id:kumawo0017:20160312195305j:plain

箱でかっ!!>(ΦωΦ;

 

家にいなかったのでヤマトの営業所まで取りに行ったけどこりゃバイクじゃ積めないな…

 

いえいえこちらこそ生まれてきてくれてありがとう(´;ω;`)ブワッ

f:id:kumawo0017:20160312195315j:plain

このステッカーだけでも価値がありますね。株式会社ひよこのおかげさんは素晴らしいひよこ絵師さんに出会えていると思います。

 

中身も当然でかいですw

f:id:kumawo0017:20160312195530j:plain

息子よりでかいかもしれない…通常のぴよりーなのひよこと比べると相当でかいw

f:id:kumawo0017:20160313225608p:plain

本当に30倍なのかなこれ・・・w

 

かわゆす…かわゆすだよこれ!!

 

お値段は送料込みで6000円くらいしたけど、ひよこを1つ収集(救えた)できたのでよかったと思う。嫁さんに言わせりゃ無駄遣いだけど、買えなくて救えなかったという気持ちを持って余命を生きるよりは遥かにいい。

 

ささやかながらぼくのこのひよこを救う活動が、株式会社ひよこのおかげさんの売上に本当に僅かだけど貢献できて、ひよこのおかげさんがサイトコンテンツを充実させることにつながってくれたら嬉しいなぁ…こういう小さいけれどかわいいひよこを生み出せる会社は貴重です。ぼくに言わせりゃ東芝なんかより偉大です。

 

ひよこがどれだけ偉大かは下の記事も参考にどうぞ!!

jbpress.ismedia.jp

鶏が神聖であるということは、イコールでひよこは愛されるべき存在であり、保護されるべき存在であるということです。

 

野毛山動物園のふれあいコーナーでひよこに触れるのが好きです。

www2.nogeyama-zoo.org

嫁さんと結婚する前はよく野毛山のふれあいコーナーでデートしてました、主にぼくがひよこに触れたいが為に。いや、よくあの人こんな男と結婚する気になったな…(白目

f:id:kumawo0017:20130519112335j:plain

野毛山のひよこたちのことをぼくはNGY(野毛山)48と呼んでいます。

NGY48ではすべてのひよこがセンターです。

誰が偉いとかそういうことは神聖なひよこにはないです、すべてがセンターであるというのがNGYの基本理念ですね。

 

出たひよこ饅頭!!

f:id:kumawo0017:20130519113352j:plain

これができるようになればひよこに安心してもらえる人であるという証明にもなります。まずはひよこ饅頭をつくれるように頑張ろうね!

f:id:kumawo0017:20130519114256j:plain

包みましょう、全力投球の愛でつつみましょう。ひよこを包むことは自分自身の心を優しく包むことと一緒です。ひよこに優しく、自分に優しく。ひよこ is LOVE! 

 

嫁さんにも話したことはないけれど、嫁さんと付きあおうと思った理由は雰囲気が”ひよこぽい”ことや”ひよこの鳴きマネが一番上手かった”ことや”嫌がらずにひよこの鳴きマネをしてくれる”ところもあり、かつ”ひよこの絵が上手い”ことがありました。

f:id:kumawo0017:20130519221440j:plain

ぼくに結婚願望は元々ゼロ。彼女は常にいるけれど、クルマと同じで2年、最長で3年付き合えば乗り換えるを当然とやってきた人間なので嫁さんとも長く付き合うつもりはゼロでした。でも次第に「この子と別れたら、このひよこみたいな子が「ぴぃぴぃ」とあのつぶらなひとみに涙を浮かべたら…自分はそれに耐えられるのか?」と割りと真剣に悩み気がつけば交際から10年近く経とうとしているから人生分かりません。

つまり、この結婚はひよこが関係していると言っても過言じゃない。

 

ひよこは人の一生を変える。

 

以前は東京ひよ子の工場の近所に住んでいたくらいです。

www.tokyo-hiyoko.co.jp

当然、福岡にも行きました。そこにひよこがあれば、行動原理となるのです。

 

「狂っている」と親には言われたけれど、そういう親が狂っているのだとぼくは思う。ひよこを見て救いたい、側に置きたい、クルマだって黄色にしてナンバーだって「145(ひよこ)」にする。そんなことはまだまだひよこを愛するものとしては初心者です。

 

人類の究極は自らがひよこに近づくこと、ひよこになることです。仏教と一緒ですね、悟りを開き自らを仏に昇格させることのように、自らが黄色いイキモノになることを目指す、それがひよこを愛する最終形です。

 

わかってほしいけど、誰にも伝わらない…理解者なんてものはこの世界にいないのかもしれないけれど、とにかくひよこは愛されるべき存在で、ぞんざいな扱いをうけていいイキモノでは断じて無い。

 

じゃあお前は鶏肉一切食べないのか?と言われれば逆に、鶏肉料理があれば積極的に食べるようにしています。なぜ禁忌ではないのか?そりゃ当然でしょ、食用として加工されてしまっているのだからそれはもうどうしようもない。であれば自分の体内に少しでも取り入れたいと思うのが自然な考えだと思う。

 

いつかはGSX1300RもGSX1450Rひよこに作り変えたいなぁ…ボアアップキットとかで都合よく1450ccになんないかなぁ…150ccでもいいけどさ。鈴木が145ccでGSX145Rひよこを出すのが一番なんだけどね小型のスポーツバイク流行ってるでしょ。

 

と、まぁそんなこんなでとにもかくにもぴよりーなの巨大ぬいぐるみを無事に入手できました。

 

ぜひともひよこが好きだ!気になる!という方は株式会社ひよこのおかげさんに問い合わせて購入してみてくださいな。

www.hiyokono-okage.jp

小さな会社でもかわいいひよこは生み出せる。

こういう会社をぼくは積極的に応援していきたい…

ひよこのおかげさんのひよこのキャラの絵は味があって好きなんです。たまにこういうキャラでもすごくツボなキャラがいて、どういう人が書いているんだろう?といつも気になっているんだけどねw

 

これからも素敵なひよこを生み出して欲しいなぁと、こんな日に数千PVくらいしかない小さなブログなんだけど取り上げさせてもらった次第。

 

これからもぴよりーな1号を見つけたら積極的にひよこさんを救っていくぜぃ。

f:id:kumawo0017:20130519112330j:plain